音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

名曲で学ぶコード理論(松田聖子「天国のキッス」編)

アーティスト:松田聖子
作曲: 細野晴臣
作詞: 松本隆

「名曲で学ぶコード理論」シリーズでは、名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。

今回は、松田聖子の名曲「天国のキッス」のコード分析を行います。

松田聖子 天国のキッス

「天国のキッス」から、以下の音楽理論を学ぶことができます。

  • テンションコード
  • ナインスコード
  • オンコード
  • モーダルインターチェンジコード
  • 転調
  • シックスコード
  • マイナーセブンスフラットファイブ
  • セカンダリードミナントコード
  • サスフォーコード

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
【誰でも分かる!】「ダイアトニックコードの基礎」と「コード進行の作り方」

イントロ

キーはCメジャーです。

|CM9 C|FonC GonC ×2
→|ⅠM9 Ⅰ|ⅣonⅠ ⅤonⅠ ×2

|F G|A♭ B♭7
→|Ⅳ Ⅴ|♭Ⅵ ♭Ⅶ7

コード説明
ⅠM9

テンションコードであるナインスコードです。

テンションコードについてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

メジャーセブンスナインスコードの使い方についてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

ⅣonⅠ

Ⅳの5度の音を最低音にしたオンコードです

度の意味についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

ⅤonⅠ

Ⅴの11thの音を最低音にしたオンコードです

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

♭Ⅵ

エオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

♭Ⅶ7

エオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

サビ

キーはE♭メジャーです。

|E♭ E♭6|Dm7-5 G7onB
→|Ⅰ Ⅰ6Ⅶm7-5 Ⅲ7on♭Ⅵ
(kiss in blue heaven~)

|Cm7 Am7-5|B♭7sus4 B♭7
→|Ⅵm7 #Ⅳm7-5Ⅴ7sus4 Ⅴ7
(もっと遠くに~)

|E♭ E♭6|Dm7-5 G7onB
→|Ⅰ Ⅰ6Ⅶm7-5 Ⅲ7on♭Ⅵ
(kiss in blue heaven~)

|Cm7 Am7-5|B♭7sus4 B♭7
→|Ⅵm7 #Ⅳm7-5Ⅴ7sus4 Ⅴ7
(連れて行って~)

|A♭M7|B♭ G7
→|ⅣM7|Ⅴ Ⅲ7


サビでは、Cメジャーの平行調の同主調であるE♭メジャーに転調しています。

これはピボットコードとドミナントコードを使った転調です。
イントロのkey(Cメジャー)における「♭Ⅵ→♭Ⅶ7」を、サビのkey(E♭メジャー)における「Ⅳ→Ⅴ」に見立てて転調しています。

転調についてはコチラ
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

 

コード説明

Ⅰ6

シックスコード(Ⅰ6)はⅥm7の代理コードです。

シックスコードの使い方についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】シックスコード(6、m6)の使い方

Ⅶm7-5

平行短調のツーファイブとしてのマイナーセブンスフラットファイブです。

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅲ7on♭Ⅵ

Ⅲ7の3度の音を最低音にしたオンコードです

度の意味についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Ⅲ7はⅥm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

#Ⅳm7-5

リディアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅴ7sus4

サスフォーコード(sus4)は、
同じルートを持つメジャーコードやドミナントセブンスコードの前でよく使われます。

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

このコードを次の調のドミナントコード(Ⅴ7)と見立てて転調しています。

転調についてはコチラ↓
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

Aメロ

キーはCメジャーです。

|CM9 C|Am7 Am7
→|ⅠM9 Ⅰ|Ⅵm7(11) Ⅵm7
(ビーズの波を~)

|FM7 F|FonG G
→|ⅣM7 Ⅳ|ⅣonⅤ Ⅴ
(空に飛ばして~)

|F G|C Am7
→|Ⅳ Ⅴ|Ⅰ Ⅵ
(泳げないふり~) 

|F G|A♭ B♭7
→|Ⅳ Ⅴ|♭Ⅵ ♭Ⅶ7
(わざとしたのよ~) 

|CM9 C|GonA Am7
→|ⅠM9 Ⅰ|Ⅵm7(11) Ⅵm7
(ちょっとからかう~)

|FM7 F|FonG G
→|ⅣM7 Ⅳ|ⅣonⅤ Ⅴ
(はずだったのに~)

|F G|C Am7
→|Ⅳ Ⅴ|Ⅰ Ⅵ
(抱きしめられて~) 

|F G|A♭ B♭7
→|Ⅳ Ⅴ|♭Ⅵ ♭Ⅶ7
(遠くなる~) 

コード説明

ⅠM9

テンションコードであるナインスコードです。

テンションコードについてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

ナインスコードの使い方についてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

Ⅵm7(11)

テンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

ⅣonⅤ

Ⅴの9thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

♭Ⅵ

エオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

♭Ⅶ7

エオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Cメロ

キーはCメジャーです。

|F6|G|A♭|B♭7
→|Ⅳ6|Ⅴ|♭Ⅵ♭Ⅶ7
(おしえて~)

コード説明

Ⅰ6

シックスコード(Ⅰ6)はⅥm7の代理コードです。

シックスコードの使い方についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】シックスコード(6、m6)の使い方

♭Ⅵ

エオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

♭Ⅶ7

エオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました