音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

オンコードとは?3つの使い方

オンコードって何?

オンコードはどうやって使うの?

この記事では「オンコードとは何か」「オンコードの3つの使い方」「オンコードを使った名曲」を紹介しています。

この記事を読めば、オンコードを自由に作ったり使ったりできるようになり、作曲・編曲・耳コピの能力が上がります。

この記事は「ダイアトニックコード」と「テンションコード」を理解していることが前提です。知らない方は以下で勉強しましょう。

オンコードとは

オンコードとは、あるコードの「構成音」や「テンション」をルート(最低音)にしたコードです。

例えばCメジャーキーのダイアトニックコードであるC(Ⅰ)の「構成音」と「テンション」は以下です。

CメジャーキのダイアトニックコードであるCの「構成音」と「テンション」P1:完全1度、M3:長3度、P5:完全5度
コードCD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
C(Ⅰ)P19thM3P513thM7(※)

※M7はCの構成音ではないですが、「C」を4和音にしたときの「CM7」の構成音です。
そのためCの構成音として扱うことができます。

Cの構成音(E、G、B)を最低音にすると以下の2つのオンコードになります。

  • ConE(ⅠonⅢ)
    3度の音(M3)が最低音
  • ConG(ⅠonⅤ)
    5度の音(P5)が最低音
  • ConB(ⅠonⅦ)
    7度の音(M7)が最低音

Cのテンション(D、A)を最低音にすると以下の2つのオンコードになります。

  • ConD(ⅠonⅡ)
    9thのテンションが最低音
  • ConA(ⅠonⅥ)
    13thのテンションが最低音

オンコードの使い方

オンコードの使い方は主に3つあります。

  • 低音のペダルポイントを作るために使う
  • ベース音を滑らかに上昇・下降させるために使う
  • ドミナントコードの代わりに使う

使い方①:低音のペダルポイントを作るために使う

コード進行の中に低音のペダルポイントを作るために、オンコードを使うことができます。

ペダルポイントとは、コード進行の中で持続している音のことです。

例えば、以下のコード進行を考えます。キーはAメジャーです。

|Aadd9|Aadd9|BB
→|Ⅰadd9|Ⅰadd9|Ⅱ|Ⅱ

DmDm|Aadd9|Aadd9
→|Ⅳm|Ⅳm|Ⅰadd9|Ⅰadd9

オンコードを使ってAを低音としたペダルポイントを作ると以下のコード進行になります。

|Aadd9|Aadd9|BonABonA
→|Ⅰadd9|Ⅰadd9|ⅡonⅠ|ⅡonⅠ

DmonADmonA|Aadd9|Aadd9
→|ⅣmonⅠ|ⅣmonⅠ|Ⅰadd9|Ⅰadd9

コード説明
ⅡonⅠⅡ(※)の7度の音を最低音にしたオンコードです。
ⅣmonⅠⅣm(※)の5度の音を最低音にしたオンコードです。

※Ⅱ、Ⅳmはモーダルインターチェンジコードです。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコードとは?使い方は?

ちなみにこれは、PRINCESS PRINCESSの「世界でいちばん熱い夏」のAメロのコード進行です。

使い方②:ベース音を滑らかに上昇・下降させるために使う

コード進行のベース音を滑らかに(=半音ずつ、またはスケールに沿って)上昇・下降させるためにオンコードを使うことができます。

ベース音を上昇させる場合

例えば、以下のコード進行を考えます。キーはGメジャーです。

G|G|D|Bm7
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅴ|Ⅲm7

|Em7|E♭6|G  B
→|Ⅵm7|♭Ⅵ6|Ⅰ Ⅲ

Em7 D
→|Ⅵm7 Ⅴ

オンコードを使って青色のコード進行のベース音を上昇させると、以下のコード進行になります。

|G|G|D|Bm7
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅴ|Ⅲm7

|Em7|E♭6|GonD  BonE♭
→|Ⅵm7|♭Ⅵ6|ⅠonⅤ Ⅲon♭Ⅵ

Em7 D
→|Ⅵm7 Ⅴ

ベース音がD→D#→Eと半音ずつ上昇していき、滑らかなコード進行になります。

コード説明
ⅠonⅤⅠの5度の音を最低音にしたオンコードです。
Ⅲon♭ⅥⅢ(※)の3度の音を最低音にしたオンコードです。

Ⅲはセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

ちなみにこれは、aikoの「あたしの向こう」のAメロのコード進行です。

ベース音を下降させる場合

次に、以下のコード進行を考えます。キーはGメジャーです。

GDEmG
→|Ⅰ|Ⅴ|Ⅵm|Ⅰ

CGAm|D
→|Ⅳ|Ⅰ|Ⅱm|Ⅴ

オンコードを使って青色のコード進行のベース音を下降させると、以下のコード進行になります。

GDonF#EmGonD
→|Ⅰ|ⅤonⅦ|Ⅵm|ⅠonⅤ

CGonBAm|D
→|Ⅳ|ⅠonⅢ|Ⅱm|Ⅴ

ベース音がG→F#→E→D→C→B→AとGメジャースケールに沿って下降していき、滑らかなコード進行になります。

コード説明
ⅤonⅦⅤの3度の音を最低音にしたオンコードです。
ⅠonⅤⅠの5度の音を最低音にしたオンコードです。
ⅠonⅢⅠの3度の音を最低音にしたオンコードです。

使い方③:ドミナントコードの代わりに使う

ドミナントコード(Ⅴ)の代わりにオンコードである「ⅡmonⅤ」と「ⅣonⅤ」を使うことができます。

コード説明
ⅡmonⅤⅡmの11thの音を最低音にしたオンコードです。
ⅣonⅤⅣの9thの音を最低音にしたオンコードです。

ここで先ほどのコード進行をもう一度見てみましょう。キーはGメジャーです。

|G|DonF#|Em|GonD
→|Ⅰ|ⅤonⅦ|Ⅵm|ⅠonⅤ

|C|GonB|Am|D
→|Ⅳ|ⅠonⅢ|Ⅱm|Ⅴ

GメジャーキーのドミナントコードD(Ⅴ)の代わりにオンコードを使うと、以下のコード進行になります。

|G|DonF#|Em|GonD
→|Ⅰ|ⅤonⅦ|Ⅵm|ⅠonⅤ

|C|GonB|Am|AmonD
→|Ⅳ|ⅠonⅢ|Ⅱm|ⅡmonⅤ

ちなみにこれは、松任谷由美の「守ってあげたい」のサビのコード進行です。

オンコードを使用した名曲

コチラでオンコードを使った名曲の分析などを紹介しています。

まとめ

  • オンコードとは
    あるコードの「構成音」や「テンション」を最低音にしたコード
  • オンコードの使い方
    • 低音のペダルポイントを作るために使う
    • ベース音を滑らかに上昇・下降させるために使う
    • ドミナントコードの代わりに使う

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました