音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

実例で学ぶ!モーダルインターチェンジコードの使い方

「モーダルインターチェンジって聞いたことがあるけど難しそう…」

「モーダルインターチェンジについて勉強はしたくない。でも使うことができたらなあ…」


ここではモーダルインターチェンジの理論を知らなくても、簡単に使いこなせるようになる方法を紹介します。


また「かえるのうた」を題材として、モーダルインターチェンジを使った2通りのアレンジを紹介します。


このページを見ればあなたもモーダルインターチェンジャー!

モーダルインターチェンジとは

モーダルインターチェンジとは、パラレルモードから和音を借りることです。

簡単にいうとパラレルモードとは、ルートが同じモードのことです。

モードについてはコチラ↓
【音楽理論】モードとは?モード一覧

 

転調とモーダルインターチェンジの違いはコチラ↓
【考察】「転調」と「モーダルインターチェンジ」は違うの?

転調についてはコチラ↓
「転調の方法」と「転調パターン一覧」


モーダルインターチェンジで借りてきた和音をモーダルインターチェンジコードModal Interchange Chord: M.I.C、借用和音)といいます。

モーダルインターチェンジコードの使い方はコチラ↓
実例で学ぶ!モーダルインターチェンジコードの使い方

モーダルインターチェンジの使い方【考え方】

モーダルインターチェンジコードは以下のステップで簡単に使うことができます。
注意:あくまでも目安なので例外はあります。ひとつの指針として考えて下さい。

  1. あるメロディを分解する
    例)「ドレミファソラシド」(Cメジャーのメロディ)を「ドレ」「ミファ」「ソラシド」と3つに分解する。

  2. 分解したメロディが、どのパラレルモードに属するのか確認する
    例)「ドレ(C, D)」の音を含むモードは、「Cアイオニアン」「Cドリアン」「Cリディアン」「Cミクソリディアン」「Cエオリアン」の5つだ!

    パラレルモードスケール
    CアイオニアンCD、E、F、G、A、B
    CドリアンCD、E♭、F、G、A、B♭
    CフリジアンC、D♭、E♭、F、G、A♭、B♭
    CリディアンCD、E、F#、G、A、B
    CミクソリディアンCD、E、F、G、A、B♭
    CエオリアンCD、E♭、F、G、A♭、B♭
    CロクリアンC、D♭、E♭、F、F#、A♭、B♭

    パラレルモードについては以下をご覧ください
    【音楽理論】モードとは?モード一覧


  3. 分解したメロディに対して、それが属するパラレルモードのモーダルインターチェンジコードを当てはめ、適当なコードを探す。
    例)「ドレ」に「Cドリアン」の「E♭M7」を当てはめてみよう!(鳴らす)うん、悪くない!

    パラレルモードモーダルインターチェンジコード
    CアイオニアンCM7
    (ⅠM7)
    Dm7
    (Ⅱm7)
    Em7
    (Ⅲm7)
    FM7
    (ⅣM7)
    G7
    (Ⅴ7)
    Am7
    (Ⅵm7)
    Bm7-5
    (Ⅶm7-5)
    CドリアンCm7
    (Ⅰm7)
    Dm7
    (Ⅱm7)
    E♭M7
    (♭ⅢM7)
    F7
    (Ⅳ7)
    Gm7
    (Ⅴm7)
    Am7-5
    (Ⅵm7-5)
    B♭M7
    (♭ⅦM7)
    CフリジアンCm7
    (Ⅰm7)
    D♭M7
    (♭ⅡM7)
    E♭7
    (♭ⅢM7)
    Fm7
    (Ⅳm7)
    Gm7-5
    (Ⅴm7-5)
    A♭M7
    (♭ⅥM7)
    B♭m7
    (♭Ⅶm7)
    CリディアンCM7
    (ⅠM7)
    D7
    (Ⅱ7)
    Em7
    (Ⅲm7)
    F#m7-5
    (#Ⅳm7-5)
    GM7
    (ⅤM7)
    Am7
    (Ⅵm7)
    Bm7
    (Ⅶm7)
    CミクソリディアンC7
    (Ⅰ7)
    Dm7
    (Ⅱm7)
    Em7-5
    (Ⅲm7-5)
    FM7
    (ⅣM7)
    Gm7
    (Ⅴm7)
    Am7
    (Ⅵm7)
    B♭M7
    (♭ⅦM7)
    CエオリアンCm7
    (Ⅰm7)
    Dm7-5
    (Ⅱm7-5)
    E♭M7
    (♭ⅢM7)
    Fm7
    (Ⅳm7)
    Gm7
    (Ⅴm7)
    A♭M7
    (♭ⅥM7)
    B♭7
    (♭Ⅶ7)
    CロクリアンCm7-5
    (Ⅰm7-5)
    D♭M7
    (♭ⅡM7)
    E♭m7
    (♭Ⅲm7)
    Fm7
    (Ⅳm7)
    G♭M7
    (Ⅴ♭M7)
    A♭7
    (♭Ⅵ7)
    B♭m7
    (♭Ⅶm7)


    モーダルインターチェンジコードについては以下をご覧ください。
    モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

 

モーダルインターチェンジの使い方【実例】

それではモーダルインターチェンジを使って、皆さんご存知の「かえるのうた」をアレンジしていきましょう!

以下はオーソドックスな「かえるのうた」のコード進行です。

|C|C|C|G|C|C|C|G C

このコード進行を2通りにアレンジしてみます。

「かえるのうた」のモーダルインターチェンジ①

以下のコード進行にアレンジすることができました。

|C|CM7|Gm7|C7|FM7|Fm7|Em7 E♭M7|Dm7 D♭M7 CM7

 


ここでは「モーダルインターチェンジの使い方【考え方】」に従って、以下のように考えてみました。

歌詞分解した
メロディ
メロディが属する
パラレルモード※1
当てはめたモーダルインターチェンジコード
(カッコ内は由来するパラレルモード)
かえるのドレミファ

ア、ミ

C(ア、ミ)

うたがミレド

ア、リ、ミ

CM7(ア、リ)

きこえてミファソラ

ア、ミ

Gm7(ミ)

くるよソファミ

ア、ミ

C7(ミ)

ぐゎぐゎドドすべてのモードFM7(ア、ミ)
ぐゎぐゎドドすべてのモードFm7(フ、エ、ロ)
げろげろドドレレ

ア、ド、リ、ミ、エ

Em7(ア、リ)

げろげろミミファファ

ア、ミ

E♭M7(ド、フ、エ、ロ)※2
ぐゎ

ア、リ、ミ

Dm7(ア、ミ)
ぐゎ

ア、ド、リ、ミ、エ

D♭M7(フ、ロ)※2
ぐゎすべてのモードCM7(ア、ミ)

※1:

パラレルモード
Cアイオニアン
Cドリアン
Cフリジアン
Cリディアン
Cミクソリディアン
Cエオリアン
Cロクリアン

※2:青色は例外です。

「かえるのうた」のモーダルインターチェンジ②

他にもこんなアレンジが考えられます。

|FM7 Gm7|Am7 Dm7|Cm7 F7|B♭M7 E♭7

|Dm7 Gm7|Cm7 F7|E♭M7 Dm7|Cm7 F7 CM7

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. たま より:

    こんにちは!
    聞こえてくるよー

    聞こ
    の部分はCmin7で
    E.Fのメロディを選択しているけど
    Cmin7は
    ドリアン
    フリジアン
    エオリアン
    にしか存在しませんが
    どれも
    E♭が存在するモードです。
    何故Cmin7時に
    Eのメロディを選択しているのでしょうか?
    疑問に思ったので
    ご回答お願いいたします

    • カラメルカラメル より:

      はじめまして、たまさん!
      ブログ読んでいただきありがとうございます。

      おっしゃる通りです。
      この部分はブログで紹介した方法の例外になっていますね。
      すいません。。。

      なぜE,Fのメロディの部分にCm7を当てはめたかについてですが、一言でいうと流れです。
      つまりE,Fのメロディまでのコード進行(FM7→Gm7→Am7→Dm7)からつながりそうなコードを選んだということです。
      ちなみにEとDm7を同時にならすとD7(#9)の響きになりEとCm7を同時にならすとC7(#9)の響きになり、つづくF7へのセカンダリードミナントコードになっていると解釈しました。

      これで回答になっていますでしょうか?

      • たま より:

        なるほどです!

        シンプルに質問したいんですが
        Cmin7のときは
        E鳴らしちゃダメなんじゃないですか?
        絶対アボイドになるかと思うのですが

        • カラメルカラメル より:

          すいません。まず先ほどのコメントの訂正をさせてください。
          誤:ちなみにEとDm7を同時にならすとD7(#9)の響きになり
          正:ちなみにEとCm7を同時にならすとC7(#9)の響きになり

          そうですよね。僕も質問されて「アボイドだ!」と思いました笑
          ですのでEとCm7がなっているときはC7(#9)の響きになっていると解釈しました。
          こうするとE♭とEが共存できます。

  2. たま より:

    ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました