簡単にわかる!ディミニッシュコードの使い方

「ディミニッシュコードって何?」
「ディミニッシュコードの切ない感じを曲に取り入れたいけど、どうやって使うんだろう?」


この記事ではこれらの疑問を分かりやすく解説していきます。

この記事を読めばあなたは

  • ディミニッシュコード(dim, dim7)とハーフディミニッシュ(m7-5)とは何かを説明できるようになり、
  • パッシングディミニッシュなどのテクニックを学び、ディミニッシュコードを使いこなせるようになります。


では見ていきましょう!

スポンサーリンク

ディミニッシュコードとは

ディミニッシュコードの使い方だけを知りたいという方は、ここを飛ばしても問題ありません。

ディミニッシュコードの構成

ディミニッシュコードとは、短3度(半音3個)で音を重ねて作ったコードです。

「短3度」など度数について詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い


ディミニッシュコードには以下の2種類があります。

  • ディミニッシュトライアド(dim):短3度(半音3個)で音を3つ重ねた場合⇒3和音
  • ディミニッシュトセブンス(dim7):短3度(半音3個)で音を4つ重ねた場合⇒4和音

ちなみに、m7-5(マイナーセブンス・フラットファイブ)のことを、ハーフディミニッシュともいいます。

ルートがCのときの「dim」「dim7」「m7-5」の構成音は以下のようになります。

 CC#DD#EFF#GG#AA#B
CdimP1  m3  dim5     
Cdim7P1  m3  dim5  dim7  
Cm7-5P1  m3  dim5   m7 

※P1:完全1度、m3:短3度、dim5:減5度、m7:短7度、dim7:減7度


ディミニッシュコード(dim、dim7)は音が短3度(半音3個)で重なっていることが分かります。

また「dim7」の場合、4つの構成音のうちどの音をルートにしても短3度で重なり「dim7」になります。


つまりdim7は以下の3種類しかないことになります

  • Cdim7=D#dim7=F#dim7=Adim7
  • C#dim7=Edim7=Gdim7=A#dim7
  • Ddim7=Fdim7=G#dim7=Bdim7

ディミニッシュコードはセブンスコードの代理コード

セブンスコード(7)のルートを半音上げるとディミニッシュトセブンス(dim7)になります。

例えば、「B7」のルート(P1)を半音上げると「Cdim7」になります

 CC#DD#EFF#GG#AA#B
B7   M3  P5  m7 P1
Cdim7P1  m3  dim5  dim7  

※P1:完全1度、M3:長3度、m3:短3度、P5:完全5度、dim5:減5度、m7:短7度、dim7:減7度


このとき「dim7」には「7」の特徴であるトライトーン(M3m7)の音が保持されます。

そのため「7」の代理コードとして、ルートが半音上の「dim7」を使用できます。

トライトーンについては、以下をご覧ください。
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント簡単にわかる!

また4和音である「dim7」の代理コードとして、3和音である「dim」を使うことができます。
そのため「7」の代理コードとして、ルートが半音上の「dim」も使用できます。


ただし「dim」は「7」の代理の代理であるため、「dim7」よりも「7」の雰囲気から遠くなります。
逆にいえば、dimを代理コードとして使うことでコード進行に大きな変化を加えることができます。


つまりセブンスコード(7)の代理コードとして、ルートが半音上のディミニッシュコード(dim、dim7)を使用することができます。

ディミニッシュコードの使い方

使い方①:セブンスコードの代理コードとして使う

前述のとおり、セブンスコード(7)の代理コードとしてルートが半音上のディミニッシュコード(dim、dim7)を使用できます。


そのため「メジャーキーで使用できる主なセブンスコード」とその「代理ディミニッシュコード」は以下になります。

メジャーキーで使用できる主なセブンスコード代理ディミニッシュコード
Ⅰ7(セカンダリドミナント)Ⅰ#dim(7)、Ⅲdim(7)、Ⅴdim(7)、Ⅵ#dim(7)
Ⅱ7(セカンダリドミナント)Ⅰdim(7)、Ⅱ#dim(7)、Ⅳ#dim(7)、Ⅵdim(7)
Ⅲ7(セカンダリドミナント)Ⅱdim(7)、Ⅳdim(7)、Ⅴ#dim(7)、Ⅶdim(7)
Ⅴ7(プライマリドミナント)Ⅱdim(7)、Ⅳdim(7)、Ⅴ#dim(7)、Ⅶdim(7)
Ⅵ7(セカンダリドミナント)Ⅰ#dim(7)、Ⅲdim(7)、Ⅴdim(7)、Ⅵ#dim(7)
Ⅶ7(セカンダリドミナント)Ⅰdim(7)、Ⅱ#dim(7)、Ⅳ#dim(7)、Ⅵdim(7)

※dim(7)は「dim」または「dim7」という意味です。

セカンダリドミナントについては以下をご覧ください
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント


上記表を参考にディミニッシュコードを使ってみましょう!

まず以下のコード進行を考えます。

|C|Dm7|G7|C

上記表を参考に「G7(Ⅴ7)」をディミニッシュコードに置き換えると、以下の4種類のコード進行にアレンジできます。

使い方②:パッシングディミニッシュとして使う

パッシングディミニッシュとは、2つのコードの間を半音でつなぐディミニッシュコードのことです。

上方へつなぐパッシングディミニッシュ

以下のコード進行を考えます。

|C|Dm7|G7|C

「C」と「Dm7」の間にパッシングディミニッシュ(C#dim7)を差し込むと、

|C|C#dim7|Dm7|G7|C

2つのコードの間を半音で上方につなぐことができます。


ちなみに、上方へつなぐパッシングディミニッシュは解決感が強く、滑らかな進行です。
なぜなら、これはセカンダリードミナントの代理コードだからです。

セカンダリドミナントについては、以下をご覧ください。
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント


例えば、以下のコード進行を考えます。

|C|A7|Dm7|G7|C

「A7」は「Dm7」に対するセカンダリードミナントなので「A7⇒Dm7」というコード進行は解決感が強く、滑らかな進行です。

ここで「A7」の代理コードは「A#dim7」なので(前述)、

|C|A#dim7|Dm7|G7|C

また「A#dim7」=「C#dim7」なので(前述)、

|C|C#dim7|Dm7|G7|C

このように、上方へつなぐパッシングディミニッシュはセカンダリドミナントの代理コードです。
そのため解決感が強く、滑らかな進行になります。

下方へつなぐパッシングディミニッシュ

以下のコード進行を考えます。

|FM7|Em7|Dm7 G7|CM7


「Em7」と「Dm7」の間にパッシングディミニッシュ(E♭dim7)を差し込むと、

|FM7|Em7 E♭dim7|Dm7 G7|CM7


2つのコードの間を半音で下方につなぐことができます。

ちなみに、下方へつなぐパッシングディミニッシュは上方につなぐ場合よりも解決感が弱く、滑らかな進行ではありません。
これは下方へつなぐ場合は上方へつなぐ場合と異なり、パッシングディミニッシュがセカンダリドミナントの代理コードではないからです。

ディミニッシュコードを使用した名曲

ここで紹介したディミニッシュコードが実際に名曲の中でどのように使用されているかを以下で紹介しています。参考にしてください。

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。


もっとコード理論が知りたいという人は以下の本がおすすめです。
これが全部理解できたら、世の中のほとんどのコード進行は理解できます。

コメント