音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

ディミニッシュコードとは?2つの使い方

ディミニッシュコードって何?

ディミニッシュコードはどうやって使うの?


この記事では「ディミニッシュコードの種類、構成音」「ディミニッシュコードの2つの使い方」「ディミニッシュコードを使った名曲」を紹介しています。

ディミニッシュコードとは

※ディミニッシュコードの使い方のみ興味のある方は「ディミニッシュコードの使い方」をご覧ください。

ディミニッシュコードの種類と構成音

ディミニッシュコードとは、短3度(半音3個)で音を重ねて作ったコードです。

短3度など「度数」については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

 

ディミニッシュコードには、重ねる音の数の違いで以下の2種類があります。

  • ディミニッシュトライアド(dim)
    短3度(半音3個)で音を 3つ重ねたディミニッシュコード(3和音)
  • ディミニッシュトセブンス(dim7)
    短3度(半音3個)で音を 4つ重ねたディミニッシュコード(4和音)

 

例えば「Cdim」「Cdim7」の構成音は以下です。

「Cdim」「Cdim7」の構成音P1:完全1度、m3:短3度、dim5:減5度、m7:短7度、dim7:減7度
コードCD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
CdimP1  m3  dim5     
Cdim7P1  m3  dim5  dim7  

ディミニッシュコードは短3度(半音3個)で音が重なっていることが分かります。

ちなみに長3度(半音4個)で音を重ねて作ったコードをオーギュメントコードといいます。

オーギュメントコードついては以下をご覧ください。
オーギュメントコード(aug)とは?使い方は?

ディミニッシュコードに似たコードにハーフディミニッシュがあります。
ハーフディミニッシュはマイナーセブンスフラットファイブともいいます。

ハーフディミニッシュについては以下をご覧ください
マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

ディミニッシュトセブンス(dim7)の種類

「□dim7」の4つの構成音のどの音をルート(P1)にしても、その構成音は短3度(半音3個)で重なったままです。つまり「□dim7」になります。

例えば「Cdim7」の4つの構成音(C、E♭、F#、A)のそれぞれをルート(P1)とした場合、以下の4つの「□dim7」になります。

「Cdim7」と構成音が同じ「□dim7」P1:完全1度、m3:短3度、dim5:減5度、dim7:減7度
□dim7CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
Cdim7P1  m3  dim5  dim7  
E♭dim7dim7  P1  m3  dim5  
F#dim7dim5  dim7  P1  m3  
Adim7m3  dim5  dim7  P1  

すると「□dim7」は以下の3種類しかないことが分かります。

  • Cdim7 = E♭dim7 = F#dim7 = Adim7
  • D♭dim7 = Edim7 = Gdim7 = B♭dim7
  • Ddim7 = Fdim7 = A♭dim7 = Bdim7

ディミニッシュコードの使い方

使い方①:セブンスコードを置き換えて使う

使用法

以下の表に従って「セブンスコード(□7)」を「ディミニッシュコード(□dim、□dim7)」に置き換えることができます。

「主なセブンスコード」と「置き換えることができるディミニッシュコード」※「□dim(7)」は「□dim」または「□dim7」という意味です。
セブンスコード置き換えることができるディミニッシュコード※
Ⅰ7(セカンダリードミナントコード)♭Ⅱdim(7)=Ⅲdim(7)=Ⅴdim(7)=♭Ⅶdim(7)
Ⅵ7(セカンダリードミナントコード)
Ⅱ7(セカンダリードミナントコード)Ⅰdim(7)=♭Ⅲdim(7)=#Ⅳdim(7)=Ⅵdim(7)
Ⅶ7(セカンダリードミナントコード)
Ⅲ7(セカンダリードミナントコード)Ⅱdim(7)=Ⅳdim(7)=♭Ⅵdim(7)=Ⅶdim(7)
Ⅴ7(ドミナントコード)

セカンダリードミナントコードについては以下をご覧ください
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

使用例

それでは「セブンスコード(□7)」を「ディミニッシュコード(□dim、□dim7)」に置き換えてコード進行をアレンジしてみましょう!

以下のコード進行をアレンジします。

|C|Dm7|G7|C
→|Ⅰ|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ

使用法を参考に「G7(Ⅴ7)」をディミニッシュコードに置き換えると、以下の4種類のコード進行にアレンジできます。

|C|Dm7|G#dim7|C
→|Ⅰ|Ⅱm7|♭Ⅵdim7|Ⅰ

|C|Dm7|Ddim7|C
→|Ⅰ|Ⅱm7|Ⅱdim7|Ⅰ

|C|Dm7|Fdim7|C
→|Ⅰ|Ⅱm7|Ⅳdim7|Ⅰ

|C|Dm7|Bdim7|C
→|Ⅰ|Ⅱm7|Ⅶdim7|Ⅰ

 

理論

理論に興味のある方はご覧ください。理論を知らなくても使うことはできます。

セブンスコード「□7」のルートを半音上げるとディミニッシュトセブンス「□dim7」になります。

例えば、「B7」のルート(P1)を半音上げると「Cdim7」になります

「B7」と「Cdim7」の構成音P1:完全1度、M3:長3度、m3:短3度、P5:完全5度、dim5:減5度、m7:短7度、dim7:減7度
コードCD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
B7   M3  P5  m7 P1
Cdim7P1  m3  dim5  m7  

このとき「□dim7」には「□7」の特徴であるトライトーンが保持されます。

 

トライトーンとは全音3つ分の音程のことです。

「□7」ではM3m7、「□dim7」ではm3dim7の音程がトライトーンになっています。

 

トライトーンという同じ特徴を持つことからセブンスコード「□7」をルートが半音上のディミニッシュトセブンス「□dim7」に置き換えることができます。

 

また「□dim」と「□dim7」は構成音がほとんど同じであるため、「□dim7」の代わりに「□dim」を使うことができます。

そのためセブンスコード「□7」をルートが半音上のディミニッシュトライアド「□dim」に置き換えることもできます。

ただし「□dim」はトライトーンを含まないため「□dim7」よりも「□7」からサウンドが遠くなります。

 

以上をまとめると、セブンスコード「□7」をルートが半音上のディミニッシュコード「□dim、□dim7」に置き換えることができます。

使い方②:パッシングディミニッシュとして使う

パッシングディミニッシュについては以下で紹介しています。

パッシングディミニッシュとは?使い方は?

ディミニッシュコードを使用した名曲

コチラでディミニッシュコードを使った名曲の分析などを紹介しています。


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました