実践で学ぶ!裏コードの使い方

スポンサーリンク

裏コードとは?

裏コードとは、ドミナントコードの代理コードです

ドミナントコードの特徴は、長3度と短7度の音がトライトーンになっていることです。

トライトーンは増4度(減5度)の不安定な音程(全音3つ分)のことです。

「度」の意味については、以下をご覧ください。
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い


ドミナントコードの長3度と短7度、短7度を長3度と考えたものが裏コードです

裏コードもドミナントコードの特徴であるトライトーンを持っているため、ドミナントコードの代理コードになることができます。


例として、CメジャーキーのドミナントコードであるG7で考えてみましょう。

G7の長3度(M3)はB、短7度(m7)はFです。

Bを短7度、Fを長3度と考えると自動的にルート(P1)はD♭、完全5度(P5)はAとなります。

このコードはD♭7であり、G7の裏コードになります。

 CD♭D

E♭

EFF#GA♭AB♭B
G7  P5  m7 P1   M3
D♭7 P1   M3  P5  m7


つまり、ドミナントコードのルートの増4度上(半音6個上)のルートを持つセブンスコードが裏コードになります

裏コードの使い方

前述のとおりドミナントコードのルートの増4度上(半音6個上)のルートを持つセブンスコードを裏コードと呼び、ドミナントコードの代理コードとして使うことができます。

以下に表でまとめました。

ドミナントコードC7D♭7D7

E♭7

E7F7F#7G7A♭7A7B♭7B7
裏コードF#7G7A♭7A7B♭7B7C7D♭7D7

E♭7

E7F7


以下で使用例を紹介します。

使い方①:プライマリドミナントコードを置き換える

以下のコード進行を考えます。キーはCメジャーです。

|Dm7|G7|CM7


プライマリドミナントコード(いわゆるドミナントコード)G7を裏コードD♭7に置き換えると、以下のコード進行になります。

|Dm7|D♭7|CM7

使い方②:セカンダリドミナントコードを置き換える

以下のコード進行を考えます。キーはCメジャーです。

|C|E7|Am|Dm G7|C


E7はAmに対するセカンダリドミナントです。

セカンダリドミナントについては以下をご覧ください。
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント


セカンダリドミナントコードE7を裏コードB♭7、プライマリドミナントコードG7を裏コードD♭7に置き換えると、以下のコード進行になります。

|C|B♭7|Am|Dm D♭7|C

使い方③:裏コードをツーファイブとして置き換える

以下のコード進行を考えます。キーはCメジャーです。

|Dm7|G7|CM7


プライマリドミナントコードG7を裏コードを含むツーファイブ(A♭m7→D♭7)として置き換えると、以下のコード進行になります。

|Dm7|A♭m7 D♭7|CM7

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

 

コメント