音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

ダイアトニックコードって何?

ダイアトニックコードって学ぶ必要あるの?

この記事では「ダイアトニックコードとは何か」「ダイアトニックコードを使ったコード進行の作り方」を紹介しています。

ダイアトニックコードはコード進行を作るうえで基礎となる理論です。

ダイアトニックコードを学ぶことで「作曲」や「耳コピ」がしやすくなります!

特に耳コピは音楽をやる人なら誰でもやる作業です。

ダイアトニックコードを学べば耳コピを短時間で終わらせることができ、あなたの大切な時間を節約することができます。

それでは始めましょう!

この記事では以下の項目を理解していることが前提です。わからない方は先にこちらを学びましょう。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?
スケール(音階)、キー(調)とは

各種キーのダイアトニックコードの一覧については以下をご覧下さい
ダイアトニックコード一覧

ダイアトニックコードとは

ダイアトニックコードはあるキーで使用できるコードのことです。

そのため楽曲のキーが分かれば使われているコードがだいたい分かるので耳コピのときに役立ちます。

キーについては以下をご覧ください。
スケール(音階)、キー(調)とは

ダイアトニックコードの作り方

あるキーで使用できるダイアトニックコードは、そのキーのスケールの音を1オクターブ内で1つおきに3つまたは4つ重ねて作ります。

音を3つ重ねる場合は3和音(トライアド)、4つ重ねる場合は4和音(セブンスコード)といいます。

例えばCメジャーキーで使用できるダイアトニックコードを作る場合は、Cメジャースケールの音を1オクターブ内で1つおきに3つまたは4つ重ねます。

Cメジャースケールには7つの音(C、D、E、F、G、A、B)があり、そのそれぞれの音から音を重ねることができるので、7個のダイアトニックコードを作ることができます。

Cメジャーキーのダイアトニックコード(4和音)の作り方※1, 2, 3, 4は音を重ねる順番を表します。
ダイアトニックコードCDEFGAB
CM7(ⅠM7)1 2 3 4
Dm7(Ⅱm7)41 2 3 
Em7(Ⅲm7) 41 2 3
FM7(ⅣM7)3 41 2 
G7(Ⅴ7) 3 41 2
Am7(Ⅵm7)2 3 41 
Bm7-5(Ⅶm7-5) 2 3 41

( )内はコードをディグリーネーム(度数表記)で表したものです。

メジャースケールの度数を基準としています。

メジャースケールと度数の対応
CメジャースケールCD♭DE♭EFG♭GA♭AB♭B
度数♭Ⅱ♭Ⅲ♭Ⅴ♭Ⅵ♭Ⅶ

以下はメジャーキーのダイアトニックコードの構成音です。

メジャーキーのダイアトニックコード(4和音)の構成音※P1、M3、P5などの意味が分からない方はコチラ
ダイアトニックコード構成音※
□M7:メジャーセブンスP1、M3、P5、M7
□m7:マイナーセブンスP1、m3、P5、m7
□7:(ドミナント)セブンスP1、M3、P5、m7
□m7-5:マイナーセブンスフラットファイブP1、m3、dim5、m7

ほかのキーでも同様にダイアトニックコードを作ることができます。

各種キーのダイアトニックコードの一覧については以下をご覧下さい
ダイアトニックコード一覧

ダイアトニックコードの機能

コードには以下の3つの機能があります。

  • トニック(T):安定感のある響き
  • サブドミナント(SD):少し不安定な響き
  • ドミナント(D):不安定な響き

ある機能において基本的なコードをスリーコードといい、スリーコードの代わりとなるコードを代理コードといいます。

特にトニックのスリーコードをトニックコード、サブドミナントのスリーコードをサブドミナントコード、ドミナントのスリーコードをドミナントコードといいます。

例えばメジャーキーのダイアトニックコードを機能別に分けると以下のようになります。

メジャーキーのダイアトニックコード(4和音)を機能別に分けた表
コードの機能スリーコード代理コード
トニック(T)IM7(トニックコード)Ⅲm7、Ⅵm7
サブドミナント(SD)ⅣM7(サブドミナントコード)Ⅱm7
ドミナント(D)Ⅴ7(ドミナントコード)Ⅶm7-5


①楽曲の最後のコードは安定感のあるトニックコードであることがほとんどです。

②トニックコードが分かれば楽曲のキーも分かります。

①②から楽曲の最後のコードが分かれば楽曲のキーも分かる可能性が高いです。

例えば楽曲の最後のコードがCM7であればその楽曲のキーはCメジャーの可能性が高いです。

ダイアトニックコードを使ったコード進行の作り方

コード進行の作り方

コード進行はダイアトニックコードを適当につなげていくだけでできます。

しかし初めのうちは以下のルールを守ると自然なコード進行を作ることができます。

  • ドミナントから始めない
  • 同じ機能では「代理コード」から「スリーコード」に進行しない


以下は各種ダイアトニックコードを機能別にまとめたものです。

実際にコード進行を作ってみましょう!

メジャーキーのダイアトニックコード(4和音)を機能別に分けた表
コードの機能スリーコード代理コード
トニック(T)IM7Ⅲm7、Ⅵm7
サブドミナント(SD)ⅣM7Ⅱm7
ドミナント(D)Ⅴ7Ⅶm7-5

コード進行の例

メジャーダイアトニックコードを使ったコード進行でよくあるものを3つ紹介します。

例①:ツーファイブ

コード進行Ⅱm7Ⅴ7ⅠM7
機能SDDT
代理コードスリーコード

Cメジャーキーの場合は以下のようになります。

|Dm7|G7|CM7

例②:カノン進行

コード進行ⅥmⅢm
機能TDTSDTSDD
スリーコード代理コードスリーコード

Cメジャーキーの場合は以下のようになります。

|C G|Am Em|F C|F G

カノン進行については以下で詳しく説明しています。
カノン進行とは?アレンジ方法は?

例③:王道進行

コード進行ⅢmⅥm
機能TDT
スリーコード代理コード

Cメジャーキーの場合は以下のようになります。

|F|G|Em|Am

王道進行については以下で詳しく説明しています。
王道進行とは?アレンジ方法は?

コード進行のアレンジ方法

ダイアトニックコードでコード進行が作れるようになったら、ダイアトニックコード以外のコードを使ってコード進行をアレンジしていきましょう。

以下で「カノン進行」と「王道進行」を題材としてコード進行の様々なアレンジ方法を紹介しています。

また以下で様々なコードを使ったアレンジ方法を紹介しています。

コード理論【応用編】


以上、ご覧いただきありがとうございました。

作曲におすすめな本はコチラ
【厳選3冊】作曲におすすめの本

コメント

タイトルとURLをコピーしました