音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

か~え~る~の~う~た~ガ~↑

あ、音程がずれちゃった笑

そういうときは「音程がずれた」じゃなくて「ピッチがずれた」っていうの♪

今回は意外と間違えやすい「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違いを説明します。

これを機にこれらの用語を整理しましょう!

ポイントとなる部分だけを説明してるのでさらっと読めますよ!

音高(ピッチ)

音高ピッチ)とは音の高さのことです。


音高の単位はヘルツです。

ヘルツ(Hz)とは1秒間に音波が振動する回数で、ヘルツの値が大きいほど音高は高くなります。

例えば440Hzは「ラ」で、880Hzはその1オクターブ上の「ラ」です。

ちなみに440Hzのラを「A4」、880Hzのラを「A5」といいます。

「A」は英語式の音名表記で、イタリア式の音名表記である「ラ」に対応します。

ラの「音名」と「音高」
音名音高
AA-1、A0、A1、A2、A3、A4、A5など

音程

音程とは2つの音高の間隔のことです。

例えば「ド」と「レ」の音程は...などと使用します。

音程の表し方には以下の2種類があります。

  • 半音と全音
  • 度数

半音と全音

半音とは12音階の中でとなり合う2つの音高の間隔です。

例えば「ド」と「♭レ」の音程は半音です。

12音階♭:半音下げる、#:半音上げる
英語式C♭DD♭EEF#FG♭AA♭BB
イタリア式♭レ♭ミファ#ファ♭ラ♭シ

全音とは半音が2個ぶんの間隔です。

例えば「ド」と「レ」の音程は全音です。

また「半音」と「全音」はそれぞれ「0.5音」と「1音」とも表現されます。

例えば「ド」と「ファ」の音程は2.5音です。

度数

度数は半音を使って以下のように表すことができます。

度数と半音の関係
度数半音の個数
1度完全1度(Perfect 1st: P1)0
2度短2度(minor 2nd: m2)1
長2度(major 2nd: M2)2
3度短3度(minor 3rd: m3)3
長3度(major 3rd: M3)4
4度完全4度(Perfect 4th: P4)5

増4度(augmented 4th: aug4)
=減5度(diminished 5th: dim5)

6
5度完全5度(Perfect 5th: P5)7
6度

短6度(minor 6th: m6)
=増5度(augmented 5th: aug5)

8
長6度(major 6th: M6)
=減7度(diminished 7th: dim7)
9
7度短7度(minor 7th: m7)10
長7度(major 7th: M7)11
8度完全8度(Perfect 8th: P8)12

例えば「ド」と「レ」の音程は長2度です。

ちなみに完全音程(P)を半音下げると減音程(dim)、半音上げると増音程(aug)になります

また、長音程(M)を半音上げると増音程(aug)、短音程(m)を半音下げると減音程(dim)になります。


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました