簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

「音高」「音程」「度数」の違いはこうです。

  • 音高(pitch)
    音の高さ

  • 音程(interval)
    2つの音の間隔

  • 度数(degree)
    音程を数える単位。音程と度数の関係は、距離とメートルの関係に似ています。

    音程は「半音」と「全音」で数えることもできます。

    半音は、12音の中でとなり合う2つの音の間隔です。
    ※12音:ド、ド#、レ、レ#、ミ、ファ、ファ#、ソ、ソ#、ラ、ラ#、シ

    全音は、半音が2個ぶんの間隔です。

度数の数え方

度数の数え方を以下にまとめました。

度数2つの音の間にある半音の個数
1度完全1度(Perfect 1st: P1)0
2度短2度(minor 2nd: m2)1
長2度(major 2nd: M2)2
3度短3度(minor 3rd: m3)3
長3度(major 3rd: M3)4
4度完全4度(Perfect 4th: P4)5

増4度(augmented 4th: aug4)
=減5度(diminished 5th: dim5)

6
5度完全5度(Perfect 5th: P5)7
6度

短6度(minor 6th: m6)
=増5度(augmented 5th: aug5)

8
長6度(major 6th: M6)
=減7度(diminished 7th: dim7)
9
7度短7度(minor 7th: m7)10
長7度(major 7th: M7)11
8度完全8度(Perfect 8th: P8)12

例えば

  • CとCは同じ音(半音が0個)なので、音程は「完全1度」です。
  • CとDの間には半音が2個あるので、音程は「長2度」です。
  • EとFの間には半音が1個あるので、音程は「短2度」です。

完全音程(P)を半音下げると減音程(dim)、半音上げると増音程(aug)になります

また、長音程(M)を半音上げると増音程(aug)、短音程(m)を半音下げると減音程(dim)になります。

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント