「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

「アドナインスとナインスって何が違うの?」
「アドナインスとナインスってどうやって使うの?」


音楽を始めたばかりの人はこのような疑問を抱くと思います。


今回は「アドナインス」と「ナインス」の違いと使い方を解説していきます。
これらを理解し、初心者から抜け出しましょう。


では見ていきましょう!

スポンサーリンク

「アドナインス」と「ナインス」の違い

「アドナインス」と「ナインス」の使い方だけ知りたいという方は、ここを飛ばしても問題ありません。

アドナインスは、3和音に9thの音を加えたコードです。

アドナインスは2種類あります。

  • アドナインス:add9
  • マイナーアドナインス:madd9


ナインスは、4和音に9thの音を加えたコードです。

ナインスは3種類あります

  • メジャーセブンスナインス:M7(9)
  • マイナーセブンスナインス:m7(9)
  • セブンスナインス:7(9)


例)ルートがCのときの「アドナインス」と「ナインス」の構成音を比較してみます。

<メジャー系>

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
Cadd9P1 9th M3  P5    
CM7(9)P1 9th M3  P5   M7
C7(9)P1 9th M3  P5  m7 

P1:完全1度、M3:長3度、P5:完全5度、M7:長7度、m7:短7度)

<マイナー系>

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
Cmadd9P1 9thm3   P5    
Cm7(9)P1 9thm3   P5  m7 

P1:完全1度、M3:長3度、P5:完全5度、m7:短7度)

「長3度」や「完全5度」などの度数については、以下をご覧ください。
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

「アドナインス」と「ナインス」の使い方【実践編】

以下のようにメジャーキーのダイアトニックコードを「ナインス」または「アドナインス」に置き換えて使うことができます。

ダイアトニックコード:3和音(4和音)アドナインスナインス
Ⅰ(ⅠM7)Ⅰadd9ⅠM7(9)
Ⅱm(Ⅱm7)Ⅱmadd9Ⅱm7(9)
Ⅳ(ⅣM7)Ⅳadd9ⅣM7(9)
Ⅴ(Ⅴ7)Ⅴadd9Ⅴ7(9)
Ⅵm(Ⅵm7)Ⅵmadd9Ⅵm7(9)


メロディによっては9thの音が合わないことがあるので、自分の耳で確かめてください


また、「アドナインス」と「ナインス」は以下のようなサウンドの特徴を持っています。

  • アドナインス:3和音(はっきりした明暗)+9thの音(浮遊感)
  • ナインス:4和音(やわらかい明暗、おしゃれ感)+9thの音(浮遊感)


自分の作りたいサウンドに合わせて、「アドナインス」か「ナインス」を選択します。

アドナインスの使用例

以下のコード進行を考えます。

C|Dm|G|C
(||Ⅱm|Ⅴ|Ⅰ)


これを以下のように置き換えることができます。

Cadd9|Dm|G|C
(|Ⅰadd9|Ⅱm|Ⅴ|Ⅰ)

ナインスの使用例

以下のコード進行を考えます。

|CM7|Dm7|G7|CM7
(|ⅠM7|Ⅱm7|Ⅴ7|ⅠM7)


これを以下のように置き換えることができます。

|CM7|Dm7(9)|G7|CM7
(|ⅠM7|Ⅱm7(9)|Ⅴ7|ⅠM7)

「アドナインス」と「ナインス」の使い方【理由編】

理論的な部分に興味のない人は飛ばしてください。

ナインスが使える理由

コードXのルートに対して9thの音がアヴェイラブルテンションの場合、Xに9thの音を加えたナインスX(9)を使うことができます。

アヴェイラブルテンションとは、あるコードで使用できるテンションのことです。

アヴェイラブルテンションの導出方法については、以下をご覧ください。
【音楽理論】これで分かる!テンションコードの作り方


メジャーキーの「ダイアトニックコード」とその「アヴェイラブルテンション」は以下です。

 アヴェイラブルテンション(スケール内)アヴェイラブルテンション(スケール外)
ⅠM79th、13th 
Ⅱm79th、11th、(13th) 
Ⅲm711th 
ⅣM79th、(#11th)、13th 
Ⅴ79th、13th♭9th、#9th、#11th、♭13th
Ⅵm79th、11th 
Ⅶm7-511th、♭13th 


上記表より、以下のナインスが使えることが分かります。

メジャーキーのダイアトニックコードナインス
ⅠM7ⅠM7(9)
Ⅱm7Ⅱm7(9)
ⅣM7ⅣM7(9)
Ⅴ7Ⅴ7(9)
Ⅵm7Ⅵm7(9)

アドナインスが使える理由

前述のとおり「アドナインス」と「ナインス」の違いは、7度の音(M7、m7)の有無のみです。そのため「アドナインス」を「ナインス」の代理コードと考え、使うことができます。

ナインス代理アドナインス
M7(9)、7(9)add9
m7(9)madd9

「アドナインス」と「ナインス」を使った名曲

ここで紹介した「アドナインス」と「ナインス」が実際に名曲の中でどのように使用されているかを以下で紹介しています。参考にしてください。


以上、ご覧いただきありがとうございました。


もっとコード理論が知りたいという人は以下の本がおすすめです。
これが全部理解できたら、世の中のほとんどのコード進行は理解できます。
内容は少々難しいですが、この記事を理解できたあなたなら読めるはずです!

コメント