音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

セカンダリードミナントコードって何?

セカンダリードミナントコードってどうやって使うの?

この記事では「セカンダリードミナントコードとは何か」「セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方」「セカンダリードミナントコードを使った名曲」を紹介しています。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

セカンダリードミナントコードとは

ダイアトニックコードにドミナントモーションするセブンスコード(□7)をドミナントコードといいます。

ドミナントモーションとは、ルートが完全4度上に進行する強い解決感のあるコード進行のことです。

「度」の意味については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

ドミナントモーションについては以下をご覧ください。
ドミナントモーションとは

トニック(Ⅰ)にドミナントモーションするセブンスコードをドミナントコード(Ⅴ7)またはプライマリードミナントコードといいます。


トニック(Ⅰ)以外のダイアトニックコードにドミナントモーションするセブンスコードをセカンダリードミナントコードといいます。

つまり、セカンダリードミナントコードはトニック(Ⅰ)以外のダイアトニックコードのルートの完全5度上のルートを持つセブンスコードです。

ドミナントモーションの強い解決感により、コード進行の中でセカンダリードミナントコードは自然に響きます。


「プライマリードミナントコード」と「セカンダリードミナントコード」をまとめると以下のようになります。

メジャースケールのダイアトニックコード対応するドミナントコード
V7(プライマリードミナントコード)
Ⅱm7Ⅵ7(セカンダリードミナントコード)
Ⅲm7Ⅶ7(セカンダリードミナントコード)
ⅣM7Ⅰ7(セカンダリードミナントコード)
V7(プライマリードミナントコード)Ⅱ7(セカンダリードミナントコード※1) 
Ⅵm7Ⅲ7(セカンダリードミナントコード)
Ⅶm7-5#Ⅳ7(※2)

※1:特にプライマリードミナント(Ⅴ7)に対するセカンダリードミナントコードをドッペルドミナント(ダブルドミナント)といいます。

※2:#Ⅳ7のルートはスケールの構成音にないので、セカンダリードミナントコードとして使用できません。

セカンダリードミナントコードの使い方

使い方①:コード進行にセカンダリードミナントコードを挿入する

次のコード進行を見てみましょう

|C|Am|Dm|G7
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅱm|Ⅴ7

 

G7に対するセカンダリードミナントコード(ドッペルドミナント)であるD7を挿入すると、以下のコード進行になります。

|C|Am|D7|G7
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅴ7

 

使い方②:コード進行に連続でセカンダリードミナントコードを挿入する

先ほどのコード進行を見てみましょう

|C|Am|D7|G7
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅴ7

 

D7に対するセカンダリードミナントコードであるA7を挿入すると、以下のコード進行になります。

|C|A7|D7|G7
→|Ⅰ|Ⅵ7|Ⅱ7|Ⅴ7

 

使い方③:コード進行にツーファイブとしてセカンダリードミナントコードを挿入する

ツーファイブについては以下をご覧ください。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

次のコード進行を見てみましょう

|C|C|F|F
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅳ|Ⅳ

 

最初のFに対するツーファイブ「Gm→C7」を挿入すると、以下のコード進行になります。

「Gm→C7→F」はFをトニック(Ⅰ)と考えたとき「Ⅱm→Ⅴ7→Ⅰ」という進行になっています。

|C|Gm C7|F|F
→|Ⅰ|Ⅴm Ⅰ7|Ⅳ|Ⅳ

セカンダリードミナントコードを使った名曲

コチラで「セカンダリードミナントコード」を使った名曲の分析などを紹介しています。

良かったらご覧ください。


以上。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました