名曲で学ぶ音楽理論(キリンジ「エイリアンズ」編)

アーティスト:キリンジ
作詞・作曲:堀込泰行

「名曲で学ぶ音楽理論」シリーズでは、音楽理論が名曲の中でどのように使われているかを学び使える音楽理論を学ぶことを目的としています。


今回は、キリンジの名曲「エイリアンズ」の楽曲分析を行います。

キリンジ – エイリアンズ


「エイリアンズ」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • オーギュメントコード
  • セカンダリードミナントコード
  • ナインスコード
  • テンションコード
  • モーダル・インターチェンジコード
  • オンコード
  • 裏コード
  • 偽終止
  • 王道進行
  • シックスコード
  • マイナーシックスコード

 

では、分析していきましょう。

あわせてコチラもどうぞ
名曲で学ぶ音楽理論(キリンジ「Drifter」編)

スポンサーリンク

イントロ

keyはF#メジャーです。

|BM7|A#aug A#7|D#m7(9)|G#(13) G#7
|ⅣM7|Ⅲaug Ⅲ7Ⅵm7(9)Ⅱ7(13) Ⅱ7

|BM7|F#onA# A#7|D#m7(9) E7(9)
→|ⅣM7|ⅠonⅢ Ⅲ7Ⅵm7(9) Ⅶ♭7(9)

 

Ⅲaug

オーギュメントコード(Ⅲaug)は、Ⅲ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
絶対に分かる!オーギュメントコード(aug)の使い方

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

Ⅵm7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
【音楽理論】これで分かる!テンションコードの作り方

Ⅱ7(13)

テンションコードです。

Ⅱ7は、リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅱ7

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

Ⅶ♭7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

Ⅶ♭7はⅢ7の裏コードです。

裏コードについてはコチラ↓
実践で学ぶ!裏コードの使い方

Ⅲ7はⅥm7に対するセカンダリードミナントコードです。

Aメロ

|D#m7|G#m7 A#m7|D#m7 F#7
→|Ⅵm7|Ⅱm7 Ⅲm7|Ⅵm7 Ⅰ7
(遥か空に旅客機~)

|BM7 A#m7 Am7|G#m7
|ⅣM7 Ⅲm7 Ⅲ♭m7|Ⅱm7
(公団の屋根の上~)

|A#7 A#aug|D#m7(9) E9
→|Ⅲ7 ⅢaugⅥm7(9) Ⅶ♭(9)
(どこへ行く~)

|D#m7|G#m7 A#m7|D#m7 F#7
→|Ⅵm7|Ⅱm7 Ⅲm7|Ⅵm7 Ⅰ7
(誰かの不機嫌も~)

|BM7 A#m7 Am7|G#m7
|ⅣM7 Ⅲm7 Ⅲ♭m7|Ⅱm7
(バイパスの澄んだ空気と~)

|A#7 A#aug|D#m7(9) E9
→|Ⅲ7 ⅢaugⅥm7(9) Ⅵ7
(僕の街~)

Ⅰ7

ⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

Ⅲ♭m7

ロクリアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

Ⅲaug

オーギュメントコード(Ⅲaug)は、Ⅲ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
絶対に分かる!オーギュメントコード(aug)の使い方

Ⅵm7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
【音楽理論】これで分かる!テンションコードの作り方

Ⅶ♭7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

Ⅶ♭7はⅢ7の裏コードです。

裏コードについてはコチラ↓
実践で学ぶ!裏コードの使い方

Ⅲ7はⅥm7に対するセカンダリードミナントコードです。

Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

Bメロ

|G#m7|A#aug C#7(9)|A#m7|C#m7 D#7(9)
→|Ⅱm7|Ⅲaug Ⅴ7(9)|Ⅲm7|Ⅴm7 Ⅵ7(9)
(泣かないでくれダーリン~)

|Cm7-5|F7(♭9) F7|A#m7 Aaug|G#m7 A#aug
→|Ⅳ#m7-5Ⅶ7(♭9) Ⅶ7|Ⅲm7 Ⅲ♭aug|Ⅱm7 Ⅲaug
(長い夜に~)

Ⅲaug

オーギュメントコード(Ⅲaug)は、Ⅲ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
絶対に分かる!オーギュメントコード(aug)の使い方

Ⅴ7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
【音楽理論】これで分かる!テンションコードの作り方

Ⅴm7

ミクソリディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅵ7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

Ⅵ7は、Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

ただし実際はⅡm7に進行せず、Ⅳ#m7-5に偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅳ#m7-5

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です

Ⅶ7(♭9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

Ⅶ7はⅢm7に対するセカンダリードミナントコードです。

Ⅶ7

Ⅲm7に対するセカンダリードミナントコードです。

Ⅲ♭aug

オーギュメントコード(Ⅲ♭aug)はⅢ♭7(♭13)の代理コードです。

Ⅲ♭7はフリジアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です

サビ

|BM7|C#7onB|A#m7|D#m7|
→|ⅣM7|Ⅴ7onⅣ|Ⅲm7|Ⅵm7
(まるで僕らはエイリアンズ~)

|Fm7|A#aug A#7|D#m7|F#7
→|Ⅶm7Ⅲaug Ⅲ7|Ⅵm7|Ⅰ7
(月の裏を夢見て~)

|BM7|C#7onB|A#m7|D#m7|
→|ⅣM7|Ⅴ7onⅣ|Ⅲm7|Ⅵm7
(君が好きだよエイリアン~)

|Fm7|A#aug A#7
→|Ⅶm7Ⅲaug Ⅲ7
(魔法をかけてみせ)

1,2回目

|BM7|F#M7
→|ⅣM7|ⅠM7
(るさ~)

3回目

|D#m7 F#6|BM7 G#onA# A#7
→|Ⅵm7 Ⅰ6|ⅣM7 ⅡonⅢ Ⅲ7 
(るさ~)

|G#m7|A#7|D#m7|D#m7
→|Ⅱm7|Ⅲ7|Ⅵm7|Ⅵm7
(大好きさエイリアン~)

ⅣM7→Ⅴ7onⅣ→Ⅲm7→Ⅵm7

王道進行の変形です。

王道進行についてはコチラ↓
これだけ知ってれば曲は作れる!「カノン進行」と「王道進行」の基礎とアレンジ方法

Ⅴ7onⅣ

Ⅴ7の7度の音を最低音にしたオンコードです

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

Ⅶm7

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅲaug

オーギュメントコード(Ⅲaug)はⅢ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
絶対に分かる!オーギュメントコード(aug)の使い方

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

Ⅰ7

ⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

Ⅰ6

シックスコード(Ⅰ6)はⅥm7の代理コードです。

シックスコードの使い方についてはコチラ↓
シックスコード(6、m6)の使い方

ⅡonⅢ

Ⅱの9thの音を最低音にしたオンコードです

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

ただし実際はⅥm7に進行せずⅡm7に偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

間奏

|BM7|BM7|F#M7|Fm7 A#7
|ⅣM7|ⅣM7|ⅠM7|Ⅶm7Ⅲ7

|BM7|A#aug A#7|D#m7(9)|G#(13) G#7
|ⅣM7|Ⅲaug Ⅲ7Ⅱm7(9)Ⅱ7(13) Ⅱ7

|BM7|A#aug|Bm7onD# D#7
→|ⅣM7|ⅢaugⅣm7onⅥ Ⅵ7

 

Ⅶm7

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

ただし実際はⅥm7に進行せずⅣM7に偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅲaug

オーギュメントコード(Ⅲaug)はⅢ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
絶対に分かる!オーギュメントコード(aug)の使い方

Ⅵm7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
【音楽理論】これで分かる!テンションコードの作り方

Ⅱ7(13)

テンションコードです。

Ⅱ7は、リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅱ7

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

Ⅳm7onⅥ

Ⅳm7の3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

アウトロ

|G#m7|Bm6 C#7(9)|F#M7
|Ⅱm7|Ⅳm6 Ⅴ7(9)|ⅠM7

Ⅳm6

マイナーシックスコード(Ⅳm6)は、Ⅱm7-5の代理コードです。

マイナーシックスコードの使い方についてはコチラ↓
シックスコード(6、m6)の使い方


Ⅱm7-5は、エオリアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅴ7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
【音楽理論】これで分かる!テンションコードの作り方

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

 

【おすすめの本】
キリンジのプロデューサーである富田恵一の本です。ドナルド・フェイゲンのソロアルバム「The Nightfly」について解説しています。ドナルド・フェイゲンはスティーリー・ダンの主要メンバーで、難解な楽曲で有名です。内容は難しいですが、読む価値はありますのでぜひ!

 

コメント