【誰でも分かる!】「オーギュメントコード(aug)」の使い方

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

「そもそもオーギュメントコードって何!?」
「オーギュメントコードって聞いたことあるけど、使うのは難しそう…」


こんな風に思っているあなたに朗報!

オーギュメントコードは簡単です!このページを見れば!

この文章を読み終えたときあなたは

  • オーギュメントコードを理解し
  • 理論を知らなくても使いこなせる

ようになっています。

見ないと損しますよ~


結果からいうと

  • オーギュメントコード(aug)は音を長3度で(半音4個ごとに)重ねて作ったコードで、
  • 以下の表にしたがって「□7(♭13)」を「□aug」に置き換えるだけで使うことができます。
□7(♭13)□aug
Ⅰ7(♭13)、Ⅲ7(♭13)Ⅰaug = Ⅲaug = ♭Ⅵaug
Ⅱ7(♭13)Ⅱaug = #Ⅳaug = ♭Ⅶaug
Ⅴ7(♭13)、Ⅶ7(♭13)♭Ⅲaug = Ⅴaug = Ⅶaug
Ⅵ7(♭13)♭Ⅱaug = Ⅳaug = Ⅵaug


それでは詳しく解説していきましょう!

スポンサーリンク

オーギュメントコードとは

※「もう知ってるよ!」という方はスキップしてください。

オーギュメントコードaug)は、音を長3度で(半音4個ごとに)重ねて作ったコードです。

長3度の意味については、以下をご覧ください。
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

 

一方、音を短3度で(半音3個ごとに)重ねて作ったコードをディミニッシュコードといいます。
【誰でも分かる!】ディミニッシュコードの2つの使い方


ここで、「Caug」の構成音を見てみましょう。

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
CaugP1   M3   aug5   

オーギュメントコードは音が長3度で重なっていることが分かります。

また以下を見ると、「Caug」の3つの構成音のうちどの音をルート(P1)にしても長3度で重なり、オーギュメントコードになることが分かります。

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
CaugP1   M3   aug5   
Eaugaug5    P1   M3   
A♭augM3   aug5   P1   

 

つまり、オーギュメントコードは以下の4種類しかないことになります。

  • Caug = Eaug = A♭aug
  • D♭aug = Faug = Aaug
  • Daug = F#aug = B♭aug
  • E♭aug = Gaug = Baug

オーギュメントコードの使い方【実践編】

下記表に従って、「□7(♭13)」を「□aug」に置き換えることができます。

□7(♭13)□aug
Ⅰ7(♭13)、Ⅲ7(♭13)Ⅰaug = Ⅲaug = ♭Ⅵaug
Ⅱ7(♭13)Ⅱaug = #Ⅳaug = ♭Ⅶaug
Ⅴ7(♭13)、Ⅶ7(♭13)♭Ⅲaug = Ⅴaug = Ⅶaug
Ⅵ7(♭13)♭Ⅱaug = Ⅳaug = Ⅵaug

上記表を参考に、コード進行のリハーモナイズ(コードの差し替え)をしてみましょう。

Ⅲ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をリハーモナイズします。

|CM7|E7(♭13)|FM7|G7
→|ⅠM7|Ⅲ7(♭13)|ⅣM7|Ⅴ7

以下の3パターンのリハーモナイズが可能です。

  1. |CM7|Caug|FM7|G7
    →|ⅠM7|Ⅰaug|ⅣM7|Ⅴ7
  2. |CM7|Eaug|FM7|G7
    →|ⅠM7|Ⅲaug|ⅣM7|Ⅴ7
  3. |CM7|A♭aug|FM7|G7
    →|ⅠM7|♭Ⅵaug|ⅣM7|Ⅴ7

Ⅱ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をリハーモナイズします。

|CM7|Am7|D7(♭13)|G7
→|ⅠM7|Ⅵm7|Ⅱ7(♭13)|Ⅴ7


以下の3パターンのリハーモナイズが可能です。

  1. |CM7|Am7|Daug|G7
    →|ⅠM7|Ⅵm7|Ⅱ7aug|Ⅴ7
  2. |CM7|Am7|F#aug|G7
    →|ⅠM7|Ⅵm7|#Ⅳaug|Ⅴ7
  3. |CM7|Am7|B♭aug|G7
    →|ⅠM7|Ⅵm7|♭Ⅶaug|Ⅴ7

Ⅴ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をリハーモナイズします。

|CM7|Dm7|G7(♭13)|CM7
(|ⅠM7|Ⅱm7|Ⅴ7(♭13)|ⅠM7)


以下の3パターンのリハーモナイズが可能です。

  1. |CM7|Dm7|Gaug|CM7
    →|ⅠM7|Ⅱm7|Ⅴaug|ⅠM7
  2. |CM7|Dm7|Baug|CM7
    →|ⅠM7|Ⅱm7|Ⅶaug|ⅠM7
  3. |CM7|Dm7|E♭aug|CM7
    →|ⅠM7|Ⅱm7|♭Ⅲaug|ⅠM7

Ⅵ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をリハーモナイズします。

|CM7|A7(♭13)|Dm7|G7
→|ⅠM7|Ⅵ7(♭13)|Ⅱm7|Ⅴ7

以下の3パターンのリハーモナイズが可能です。

  1. |CM7|Aaug|Dm7|G7
    →|ⅠM7|Ⅵaug|Ⅱm7|Ⅴ7
  2. |CM7|D♭aug|Dm7|G7
    →|ⅠM7|♭Ⅱaug|Ⅱm7|Ⅴ7
  3. |CM7|Faug|Dm7|G7
    →|ⅠM7|Ⅳaug|Ⅱm7|Ⅴ7

 

オーギュメントコードの使い方【理論編】

理論的な部分に興味のない方は飛ばしてください。

「□7(♭13)」を「□aug」で置き換えることができる理由

「□7(♭13)」を「□aug」で置き換えることができる理由は、コードの構成音が似ているためです。

ここで、ルートがCのとき(□=Cのとき)の「□aug」と「□7(♭13)」を比較してみます。

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
CaugP1   M3   aug5   
C7(♭13)P1   M3  P5♭13 m7 


「Caug」と「C7(♭13)」を比べると、コードの明暗を決める重要な音である3度の音が一致していることが分かります。

さらに、特徴的な増5度(aug5=♭13)の音も一致していることが分かります。

このようにコード構成音が似ているため、「□7(♭13)」を「□aug」で置き換えることができます。

メジャーキーで使用できる「□7(♭13)」

ここでメジャーキーで使用できる「□7(♭13)」を考えます。

メジャーキーにおけるドミナントコードとそのアヴェイラブルテンション(使用できるテンション)は以下です。

 スケール内スケール外
Ⅰ7(セカンダリ)9th、13th♭9th、#9th、# 11th、♭13
Ⅱ7(セカンダリ)9th、#9th、13th♭9th、# 11th、♭13
Ⅲ7(セカンダリ)♭9th、#9th、♭13# 11th
Ⅴ7(プライマリ)9th、13th

♭9th、#9th、#11th、♭13

Ⅵ7(セカンダリ)

9th、#9th、♭13

♭9th、# 11th
Ⅶ7(セカンダリ)♭9th、#9th、# 11th、♭13 

 

アヴェイラブルテンションの導出方法については以下をご覧ください。

【音楽理論】これで分かる!テンションコードの作り方
セカンダリードミナントのテンション

メジャーキーでは全てのプライマリドミナントとセカンダリードミナントコードで♭13が使用できます。
ただし、♭13がスケール内にある方が自然に響きます。

「□7(♭13)」とその代理コードである「□aug」をまとめると実践編の表になります。

オーギュメントコードを使った名曲

コチラでオーギュメントコードを使った名曲の分析などを紹介しています。

良かったらご覧ください。


以上、ご覧いただきありがとうございました。

作曲におすすめな本はコチラ
【厳選3冊】作曲におすすめの本

コメント