音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

オーギュメントコード(aug)とは?使い方は?

オーギュメントコードって何?

オーギュメントコードはどうやって使うの?

この記事では「オーギュメントコードの種類・構成音」「オーギュメントコードの使い方」「オーギュメントコードを使った名曲」を紹介しています。

オーギュメントコードとは

※オーギュメントコードの使い方のみ興味のある方は「オーギュメントコードの使い方」をご覧ください。

オーギュメントコードの構成音

オーギュメントコードaug)とは、長3度(半音4個)で音を重ねて作ったコードです。

長3度など「度数」については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

例えば「Caug」の構成音は以下です。

「Caug」の構成音P1:完全1度、M3:長3度、aug5:増5度
コードCD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
CaugP1   M3   aug5   

オーギュメントコードは長3度(半音4個)で音が重なっていることが分かります。

ちなみに短3度(半音3個)で音を重ねて作ったコードをディミニッシュコードといいます。

ディミニッシュコードついては以下をご覧ください。
ディミニッシュコードとは?2つの使い方

オーギュメントコードの種類

「□aug」の3つの構成音のどの音をルート(P1)にしても、その構成音は長3度(半音4個)で重なったままです。つまり「□aug」になります。

例えば「Caug」の3つの構成音(C、E、A♭)のそれぞれをルート(P1)とした場合、以下の3つの「□aug」になります。

「Caug」と構成音が同じ「□aug」P1:完全1度、M3:長3度、aug5:増5度
□augCD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
CaugP1   M3   aug5   
Eaugaug5   P1   M3   
A♭augM3   aug5   P1   

するとオーギュメントコードは以下の4種類しかないことになります。

  • Caug = Eaug = A♭aug
  • D♭aug = Faug = Aaug
  • Daug = F#aug = B♭aug
  • E♭aug = Gaug = Baug

オーギュメントコードの使い方

使用法

以下の表に従って「□7(♭13)」を「□aug」に置き換えることができます。

メジャーキーで使用できる「□7(♭13)」は

「□7(♭13)」はテンションコードです。

テンションコードとは?使い方は?については以下をご覧ください。
テンションコードとは?使い方は?

メジャーキーで使用できる「□7(♭13)」については記事の後半で説明しています。

「主な□7(♭13)」と「置き換えることができる□aug」
□7(♭13)□aug
Ⅰ7(♭13)、Ⅲ7(♭13)Ⅰaug = Ⅲaug = ♭Ⅵaug
Ⅱ7(♭13)Ⅱaug = #Ⅳaug = ♭Ⅶaug
Ⅴ7(♭13)、Ⅶ7(♭13)♭Ⅲaug = Ⅴaug = Ⅶaug
Ⅵ7(♭13)♭Ⅱaug = Ⅳaug = Ⅵaug

使用例

それでは「□7(♭13)」を「□aug」に置き換えてコード進行をアレンジしてみましょう!

例①:Ⅲ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をアレンジします。

|CM7|E7(♭13)|FM7|G7
→|ⅠM7|Ⅲ7(♭13)|ⅣM7|Ⅴ7

使用法を参考に「Ⅲ7(♭13)」を「□aug」に置き換えると、以下の3種類のコード進行にアレンジできます。

|CM7|Caug|FM7|G7
→|ⅠM7|Ⅰaug|ⅣM7|Ⅴ7

|CM7|Eaug|FM7|G7
→|ⅠM7|Ⅲaug|ⅣM7|Ⅴ7

|CM7|A♭aug|FM7|G7
→|ⅠM7|♭Ⅵaug|ⅣM7|Ⅴ7

例②:Ⅱ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をアレンジします。

|CM7|Am7|D7(♭13)|G7
→|ⅠM7|Ⅵm7|Ⅱ7(♭13)|Ⅴ7

使用法を参考に「Ⅱ7(♭13)」を「□aug」に置き換えると、以下の3種類のコード進行にアレンジできます。

|CM7|Am7|Daug|G7
→|ⅠM7|Ⅵm7|Ⅱ7aug|Ⅴ7

|CM7|Am7|F#aug|G7
→|ⅠM7|Ⅵm7|#Ⅳaug|Ⅴ7

|CM7|Am7|B♭aug|G7
→|ⅠM7|Ⅵm7|♭Ⅶaug|Ⅴ7

 

例③:Ⅴ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をアレンジします。

|CM7|Dm7|G7(♭13)|CM7
→|ⅠM7|Ⅱm7|Ⅴ7(♭13)|ⅠM7

使用法を参考に「Ⅴ7(♭13)」を「□aug」に置き換えると、以下の3種類のコード進行にアレンジできます。

|CM7|Dm7|Gaug|CM7
→|ⅠM7|Ⅱm7|Ⅴaug|ⅠM7

|CM7|Dm7|Baug|CM7
→|ⅠM7|Ⅱm7|Ⅶaug|ⅠM7

|CM7|Dm7|E♭aug|CM7
→|ⅠM7|Ⅱm7|♭Ⅲaug|ⅠM7

例④:Ⅵ7(♭13)を□augで置き換える

以下のコード進行をアレンジします。

|CM7|A7(♭13)|Dm7|G7
→|ⅠM7|Ⅵ7(♭13)|Ⅱm7|Ⅴ7

使用法を参考に「Ⅵ7(♭13)」を「□aug」に置き換えると、以下の3種類のコード進行にアレンジできます。

|CM7|Aaug|Dm7|G7
→|ⅠM7|Ⅵaug|Ⅱm7|Ⅴ7

|CM7|D♭aug|Dm7|G7
→|ⅠM7|♭Ⅱaug|Ⅱm7|Ⅴ7

|CM7|Faug|Dm7|G7
→|ⅠM7|Ⅳaug|Ⅱm7|Ⅴ7

 

理論

理論に興味のある方はご覧ください。理論を知らなくても使うことはできます。

「□7(♭13)」を「□aug」で置き換えることができる理由

「□7(♭13)」を「□aug」で置き換えることができる理由は、コードの構成音が似ているためです。

例えば「Caug」と「C7(♭13)」の構成音を比較してみます。

「Caug」と「C7(♭13)」の構成音P1:完全1度、M3:長3度、P5:完全5度、aug5:増5度、m7:短7度
 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
CaugP1   M3   aug5   
C7(♭13)P1   M3  P5♭13 m7 

コードの明暗を決める重要な音である3度の音が一致していることが分かります。

さらに、特徴的な増5度(aug5=♭13)の音も一致していることが分かります。

このようにコード構成音が似ているため、「□7(♭13)」を「□aug」で置き換えることができます。

メジャーキーで使用できる「□7(♭13)」

ここでメジャーキーで使用できる「□7(♭13)」を考えます。

「メジャーキーで使用できる主なドミナントコード」と「アヴェイラブルテンション(使用できるテンション)」は以下です。

「メジャーキーで使用できる主なドミナントコード」と「アヴェイラブルテンション」
ドミナントコードスケール内のアヴェイラブルテンションスケール外のアヴェイラブルテンション
Ⅰ7(セカンダリードミナントコード)9th、13th♭9th、#9th、# 11th、♭13
Ⅱ7(セカンダリードミナントコード)9th、#9th、13th♭9th、# 11th、♭13
Ⅲ7(セカンダリードミナントコード)♭9th、#9th、♭13# 11th
Ⅴ7(プライマリードミナントコード)9th、13th

♭9th、#9th、#11th、♭13

Ⅵ7(ドミナントコード)

9th、#9th、♭13

♭9th、# 11th
Ⅶ7(セカンダリードミナントコード)♭9th、#9th、# 11th、♭13 

セカンダリードミナントコードについては以下をご覧ください 。
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

アヴェイラブルテンションについては以下をご覧ください。
テンションコードとは?使い方は?

この表よりメジャーキーでは上記すべてのドミナントコードを「□7(♭13)」として使うことができます。

ただし、♭13がスケール内のアヴェイラブルテンションである方が自然に響きます。

オーギュメントコードを使った名曲

コチラでオーギュメントコードを使った名曲の分析などを紹介しています。


以上、ご覧いただきありがとうございました。

作曲におすすめな本はコチラ
【厳選3冊】作曲におすすめの本

コメント

タイトルとURLをコピーしました