音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

コード分析(Mr.Children「名もなき詩」編)

このシリーズでは名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、Mr.Childrenの名曲「名もなき詩」のコード分析を行います。

 

「名もなき詩」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • アドナインスコード
  • セカンダリードミナントコード
  • オンコード
  • サスフォーコード
  • モーダルインターチェンジコード(借用和音)
  • シックスコード
  • 転調

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

コード進行

【イントロ】

|G|G|G|G


【Aメロ】

<1回目>

|G|G|G|G
(ちょっとぐらいの~)

|Am7|Am7|Am7|Am7
(Oh darlin~)

|G|G

<2, 4回目>

|G|G|G|G
(君が僕を~)

|Am7|Am7|Am7|Am7
(Oh darlin~)

|G|G|G|G
(Wow Wow~)

<3, 5回目>

|G|G|G|G
(こんな不調和な~)

|Am7|Am7|Am7|Am7
(でもdarlin~)

|Cadd9|Cadd9


【Bメロ】

|C|D|B7|Em Em7onD
(苛立つような~)

|Am7|Bm7|C|D
(感情さえも~)

 


【サビ】

<1, 2回目>

|G|Bm7|C|B7sus4 B7
(あるがままの~)

|Em|A7|C|Dsus4 D
(誰かのせいに~)

|G|Bm7|C|B7sus4 B7
(知らぬ間に~)

|Em|A7|C|D
(もがいてるなら~)

<3回目>

|A♭|Cm7|D♭|C7sus4 C7
(あるがままの~)

|Fm|B♭7|D♭|E♭sus4 E♭
(誰かのせいに~)

|A♭|Cm7|D♭|C7sus4 C7
(知らぬ間に~)

|Fm|B♭7|D♭|E|G♭
(もがいてるなら~)

|A♭|A♭


【Cメロ】

|Am7|Am7|Em|Em
(絶望 失望~)

|E♭6|E♭6|D|D
(愛 自由~)


【Dメロ】

|C|D|B7|Em Em7onD
(成り行きまかせ~)

|Am7|Bm7|C|D
(誰かを想いやりゃ~)

|ConD
(だけど~)

|D♭onE♭


【アウトロ】

|A♭|A♭|A♭|A♭
(愛情ってゆう~)

|B♭m7|B♭m7|B♭m7|B♭m7
(だからdarlin~)

|D♭ A♭onC B♭m7 E♭

|A♭6

コード進行分析

イントロ

キーはGメジャーです。

|G|G|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ

Aメロ

キーはGメジャーです。

1回目

|G|G|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ
(ちょっとぐらいの~)

|Am7|Am7|Am7|Am7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅰ|Ⅰ
(Oh darlin~)

|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ

2, 4回目

|G|G|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ
(君が僕を~)

|Am7|Am7|Am7|Am7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅱm7
(Oh darlin~)

|G|G|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ
(Wow Wow~)

3, 5回目

|G|G|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ
(こんな不調和な~)

|Am7|Am7|Am7|Am7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅱm7
(でもdarlin~)

|Cadd9|Cadd9
→|Ⅳadd9Ⅳadd9

コード説明
Ⅳadd9

アドナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

Bメロ

キーはGメジャーです。

|C|D|B7|Em Em7onD
→|Ⅳ|Ⅴ|Ⅲ7|Ⅵm Ⅵm7onⅤ
(苛立つような~)

|Am7|Bm7|C|D
→|Ⅱm7|Ⅲm7|Ⅳ|Ⅴ
(感情さえも~)

コード説明
Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅵm7onⅤ

Ⅵm7の7度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

サビ

1, 2回目

キーはGメジャーです。

|G|Bm7|C|B7sus4 B7
→|Ⅰ|Ⅲm7|Ⅳ|Ⅲ7sus4 Ⅲ7
(あるがままの~)

|Em|A7|C|Dsus4 D
→|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅳ|Ⅴsus4 Ⅴ
(誰かのせいに~)

|G|Bm7|C|B7sus4 B7
→|Ⅰ|Ⅲm7|Ⅳ|Ⅲ7sus4 Ⅲ7
(知らぬ間に~)

|Em|A7|C|D
→|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅳ|Ⅴ
(もがいてるなら~)

3回目

キーはA♭メジャーです。

|A♭|Cm7|D♭|C7sus4 C7
→|Ⅰ|Ⅲm7|Ⅳ|Ⅲ7sus4 Ⅲ7
(あるがままの~)

|Fm|B♭7|D♭|E♭sus4 E♭
→|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅳ|Ⅴsus4 Ⅴ
(誰かのせいに~)

|A♭|Cm7|D♭|C7sus4 C7
→|Ⅰ|Ⅲm7|Ⅳ|Ⅲ7sus4 Ⅲ7
(知らぬ間に~)

|Fm|B♭7|D♭|E|G♭
→|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅳ|♭Ⅵ♭Ⅶ
(もがいてるなら~)

|A♭|A♭
→|Ⅰ|Ⅰ

コード説明
Ⅲ7sus4
Ⅴsus4
サスフォーコード(sus4)は同じルートを持つ、
メジャーコードかドミナントセブンスコードの前でよく使われます。
Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅱ7

リディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

♭Ⅵ

エオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

♭Ⅶ

エオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

間奏

キーはGメジャーです。

1回目

|G|G|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ

2回目

|G|G
→|Ⅰ|Ⅰ

3回目

|G|Em|C|E♭
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅳ|♭Ⅵ

|G|Em|C|D
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅳ|Ⅴ

コード説明
♭Ⅵ

エオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Cメロ

キーはGメジャーです。

|Am7|Am7|Em|Em
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅵm|Ⅵm
(絶望 失望~)

|E♭6|E♭6|D|D
→|♭Ⅵ6♭Ⅵ6|Ⅴ|Ⅴ
(愛 自由~)

コード説明
♭Ⅵ6

シックスコード(♭Ⅵ6)はⅣm7の代理コードです。

シックスコードの使い方についてはコチラ↓
シックスコード(6、m6)の使い方

 

Ⅳm7はエオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダルインターチェンジコード(M.I.C)一覧

Dメロ

キーはGメジャーです。

|C|D|B7|Em Em7onD
→|Ⅳ|Ⅴ|Ⅲ7|Ⅵm Ⅵm7onⅤ
(成り行きまかせ~)

|Am7|Bm7|C|D
→|Ⅱm7|Ⅲm7|Ⅳ|Ⅴ
(誰かを想いやりゃ~)

|ConD
→|ⅣonⅤ
(だけど~)

キーはA♭メジャーです。

|D♭onE♭
→|ⅣonⅤ

 


Dメロの最後のコードでGメジャーからA♭メジャー(半音上)に直接転調をしています。

半音上には転調しやすいです。

転調については以下をご覧ください。
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

コード説明
Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅵm7onⅤ

Ⅵm7の7度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

ⅣonⅤ

Ⅳの9thの音を最低音にしたオンコードです。
ドミナントコード(V7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

アウトロ

キーはA♭メジャーです。

|A♭|A♭|A♭|A♭
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ|Ⅰ
(愛情ってゆう~)

|B♭m7|B♭m7|B♭m7|B♭m7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅱm7
(だからdarlin~)

|D♭ A♭onC B♭m7 E♭
→|Ⅳ ⅠonⅢ Ⅱm7|Ⅴ

|A♭6
→|Ⅰ6

コード説明
ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

Ⅰ6

シックスコード(Ⅰ6)はⅥm7の代理コードです。

シックスコードの使い方についてはコチラ↓
シックスコード(6、m6)の使い方

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました