音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

コード分析(荒井由実「中央フリーウェイ」編)

アーティスト:荒井由実
作詞・作曲:荒井由実

 

このシリーズでは名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、荒井由実さんの名曲「中央フリーウェイ」のコード分析を行います。

「中央フリーウェイ」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • オンコード
  • モーダルインターチェンジコード(借用和音)
  • マイナーセブンスフラットファイブ
  • テンションコード
  • ナインスコード
  • 転調
  • ディミニッシュコード
  • セカンダリードミナントコード
  • サスフォーコード
  • 偽終止

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

イントロ

キーはFメジャーです。

|F ConE|F7onE♭ Gm7-5onD♭
→|Ⅰ ⅤonⅦⅠ7on♭Ⅶ Ⅱm7-5on♭Ⅵ

|Gm7(9)|Gm7(9)onC
→|Ⅱm7(9)Ⅱm7(9)onⅤ

コード説明
ⅤonⅦ

Ⅴの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

Ⅰ7on♭Ⅶ

Ⅰ7の7度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

Ⅰ7はミクソリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅱm7-5on♭Ⅵ

Ⅱm7-5の5度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

Ⅱm7-5はエオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダルインターチェンジコード(M.I.C)一覧

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅱm7(9)

テンションコードの1つであるマイナーナインスコードです。

テンションコードについてはコチラをご覧下さい。
テンションコードとは?使い方は?

マイナーナインスコードの使い方についてはコチラをご覧下さい。
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

Ⅱm7(9)onⅤ

Ⅱm7(9)の11thの音を最低音にしたオンコードです。
ドミナントコード(V7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

Aメロ

キーはFメジャーです。

|FM7
→|ⅠM7
(中央フリーウェイ~)

|F#dim7 D7|Gm7
→|♭Ⅱdim7  Ⅵ7|Ⅱm7
(調布基地を~)

|Edim7 C7
→|Ⅶdim7 Ⅴ7
(山にむかって~)

ここからキーはFマイナーですが、便宜的に*A♭メジャー(Fマイナーの平行調)と考えます。
※以降、便宜的なキーに*を付加します

|Fm7
→|Ⅵm7
(行けば~)

|B♭m7|B♭m7onE♭
→|Ⅱm7|Ⅱm7onⅤ
(黄昏が~)

1回目

|A♭M7|Gm7-5 C7sus4
→|ⅠM7|Ⅶm7-5 Ⅲ7sus4
(染めて広がる~)

2, 3, 4回目

|A♭M7 B♭m7 B♭m7onE♭
→|ⅠM7 Ⅱm7 Ⅱm7onⅤ
(風が強くて~)

|A♭M7
→|ⅠM7

5回目

|A♭M7 B♭m7 B♭m7onE♭ ×3
→|ⅠM7 Ⅱm7 Ⅱm7onⅤ
(夜空に続く~)

|D♭m7onG♭
→|Ⅳm7♭Ⅶ

Aメロでは以下の転調が行われています。

  • Aメロの途中
    FメジャーからFマイナー(同主調)にドミナントコードを使った転調
  • Aメロ1回目の最後
    FマイナーからFメジャー(同主調)にドミナントコードを使った転調
  • Aメロ2, 3, 4回目の最後
    FマイナーからA♭メジャー(平行調)にドミナントコードを使った転調
  • サビ・間奏からAメロに戻るとき
    A♭メジャーからFメジャー(短三度下)にドミナントコードを使った転調

同主調や平行調、短三度下の調へは転調しやすいです。

ドミナントコードを使った転調、平行調、同主調については以下をご覧ください。
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

コード説明
♭Ⅱdim7Ⅵ7の代理コードとしてのディミニッシュコードです。

ディミニッシュコードについてはコチラ↓
ディミニッシュコードとは?2つの使い方
Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅶdim7Ⅴ7の代理コードとしてのディミニッシュコードです。

ディミニッシュコードについてはコチラ↓
ディミニッシュコードとは?2つの使い方
Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。
ドミナントコード(V7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

Ⅶm7-5

平行調のツーファイブを作るためのマイナーセブンスフラットファイブです。

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅲ7sus4

サスフォーコード(sus4)は同じルートを持つ、
メジャーコードかドミナントセブンスコードの前でよく使われます。

 

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

 

ただし実際はⅥm7に進行せずⅠM7に偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅳm7♭Ⅶ

Ⅳm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

 

Ⅳm7はエオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダルインターチェンジコード(M.I.C)一覧

サビ・間奏

キーはA♭メジャーです。

|D♭M7|D♭M7|A♭M7|A♭7
→|ⅣM7|ⅣM7|ⅠM7|Ⅰ7
(町の灯が~)

|D♭M7|D♭M7|Fm7onB♭
→|ⅣM7|ⅣM7|Ⅵm7onⅡ
(二人して~)

|B♭m7onE♭ Gm7onC
→|Ⅱm7onⅤ Ⅶm7onⅢ
(みたい~)

コード説明
Ⅰ7

ⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅵm7onⅡ

Ⅵm7の11hの音を最低音にしたオンコードです。
セカンダリードミナントコード(Ⅱ7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。
ドミナントコード(V7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

Ⅶm7onⅢ

Ⅶm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。
セカンダリードミナントコード(Ⅲ7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

 

Ⅶm7はリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました