音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

名曲で学ぶコード理論(椎名林檎「丸の内サディスティック」編)

アーティスト:椎名林檎
作詞・作曲: 椎名林檎

「名曲で学ぶコード理論」シリーズでは、名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、椎名林檎の名曲「丸の内サディスティック」のコード分析を行います。


「丸の内サディスティック」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • セカンダリードミナントコード
  • シックスコード
  • オンコード

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
【誰でも分かる!】「ダイアトニックコードの基礎」と「コード進行の作り方」

イントロ

keyはE♭メジャーです。

|A♭M7 G7|Cm7 E♭7 ×3
→|ⅣM7 Ⅲ7|Ⅵm7 Ⅰ7 ×3

|A♭M7 G7|Cm7
→|ⅣM7 Ⅲ7|Ⅵm7

コード説明
Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅰ7

ⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Aメロ1

E♭ E♭7 |A♭M7 G7|Cm7 ×2
→Ⅰ Ⅰ7|ⅣM7 Ⅲ7|Ⅵm7 ×2
(報酬は入社後~)

E♭6 E♭M7|A♭M7 B♭|E♭M7
Ⅰ6 ⅠM7|ⅣM7 Ⅴ|ⅠM7
(リッケン620~)

Gm|A♭M7 B♭|E♭M7 G7
→Ⅲm7|ⅣM7 Ⅴ|ⅠM7 Ⅲ7
(19万も持って居ない~)

コード説明
Ⅰ7

ⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

ただし最後のⅢ7はⅥmに進行せず、ⅣM7に偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅰ6

Ⅵm7の代理和音です。

シックスコード(6)についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】シックスコード(6、m6)の使い方

サビ

|A♭M7 G7|Cm7 E♭7 ×4
→|ⅣM7 Ⅲ7|Ⅵm7 Ⅰ7 ×4

コード説明
Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅰ7

ⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

間奏

|Cm7|Cm7onB♭|Gm7|A♭M7 ×2
→|Ⅵm7|Ⅵm7onⅤ|Ⅲm7|ⅣM7 ×2

コード説明

Ⅵm7onⅤ

Ⅵm7の7度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Aメロ2

Fm7 G7 |A♭M7 B♭|E♭M7
→Ⅱm7 Ⅲ7|ⅣM7 Ⅴ|ⅠM7
(青噛んで~)

Gm|A♭M7 B♭|E♭M7 G7|G7
→Ⅲm7 |ⅣM7 Ⅴ|ⅠM7 Ⅲ7Ⅲ7
(終電で~)

コード説明
Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました