音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

スケール(音階)、キー(調)とは

スケールとかキーって何?

知ってるといいことあるの?

この記事では「メジャースケール」「ナチュラルマイナースケール」「ハーモニックマイナースケール」「メロディックマイナースケール」「キー」について紹介しています。

スケールとキーは音楽理論の基礎です。

基礎であるがゆえ音楽をやるうえで役立つ場面がたくさんあります。

例えば、スケールとキーを学ぶことで「作曲」「耳コピ」「アドリブ」がしやすくなります!

特に耳コピは音楽をやる人なら誰でもやる作業です。

スケールとキーを学べば耳コピを短時間で終わらせることができ、あなたの大切な時間を節約することができます。

それでは始めましょう!

スケールとは

スケール音階)とは1オクターブ内で音高順に並べた音の集合のことです。

音高については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

スケールの種類

基本となるスケールは以下の2つです。

  • メジャースケール(長音階)
  • マイナースケール(短音階)

その他にもいくつかのスケールがあります。

それぞれについて見ていきましょう。

メジャースケール

メジャースケール長音階)は明るい響きのスケールです。

またメジャースケールは基準となる音(トニック)から全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音で並べた音の集合となっています。

全音と半音については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

例えばC(ド)をトニックとするとC、D、E、F、G、A、B(ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ)となり、これをCメジャースケールといいます。

Cメジャースケール
スケールC♭DD♭EEFF#G♭AA♭BB
CメジャースケールP1 M2 M3P4 P5 M6 M7

P1、M2、M3などはトニックを基準とした度数を表します。

度数については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

【音楽理論】Cメジャースケール

 

マイナースケール

マイナースケール短調)は暗い響きのスケールです。

以下の3種類があります。

  • ナチュラルマイナースケール
  • ハーモニックマイナースケール
  • メロディックマイナースケール

それぞれについて見ていきましょう。

ナチュラルマイナースケール

ナチュラルマイナースケール自然短音階)とは基準となる音(トニック)から全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音で並べた音の集合です。

単にマイナースケールともいいます。

全音と半音については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

例えばA(ラ)をトニックとするとA、B、C、D、E、F、G(ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ)となり、これをAマイナースケールといいます。

Aマイナースケール
スケールA♭BBC♭DD♭EEFF#G♭A
AマイナースケールP1 M2m3 P4 P5m6 m7 

P1、M2、m3などはトニックを基準とした度数を表します。

度数については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

【音楽理論】Aマイナースケール

ハーモニックマイナースケール

ハーモニックマイナースケール和声的短音階)とはナチュラルマイナースケールの7度を半音上げたスケールです。

7度など「度数」については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

ハーモニックマイナースケールはその名が示すように和声(コード)進行を滑らかにするために作られたスケールです。

Aハーモニックマイナースケール
スケールA♭BBC♭DD♭EEFF#G♭A
AマイナースケールP1 M2m3 P4 P5m6 m7 
AハーモニックマイナースケールP1 M2m3 P4 P5m6   M7

P1、M2、m3などはトニックを基準とした度数を表します。

度数については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

【音楽理論】Aハーモニックマイナースケール

 

メロディックマイナースケール

メロディックマイナースケール旋律的短音階)とはハーモニックマイナースケールの6度を半音上げたスケールです。

6度など「度数」については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

メロディックマイナースケールはその名が示すようにハーモニックマイナースケールの旋律(メロディ)を滑らかにするために作られたスケールです。

Aメロディックマイナースケール
スケールA♭BBC♭DD♭EEFF#G♭A
AマイナースケールP1 M2m3 P4 P5m6 m7 
AハーモニックマイナースケールP1 M2m3 P4 P5m6   M7
AメロディックマイナースケールP1 M2m3 P4 P5  M6  M7

P1、M2、m3などはトニックを基準とした度数を表します。

度数については以下をご覧ください。
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

【音楽理論】Aメロディックマイナースケール

その他のスケール

基本となるメジャースケールやマイナースケールのほかにも以下のようなスケールがあります。

  • モードスケール
    メジャースケールとマイナースケールから派生したスケールです。
    ジャズでよく使われます。
    モードについては以下をご覧ください
    【音楽理論】 モードとは? モード一覧
  • ペンタトニックスケール
    5音のスケールです。
    ロックやブルースでよく使われます。
  • シンメトリカルスケール
    規則的に作られたスケールです。
    ジャズやフュージョンでよく使われます。

スケールの特徴(補足)

メジャースケールの各音には、以下のような名前があります。

 主音上主音中音下属音属音下中音導音
CメジャースケールCDEFGAB

そしてメジャースケールの各音には、以下のような特徴があります。

安定な音緑色の音:主音、中音、属音)

他の音はこの音に進行しやすいです。
安定の度合いは、以下の順番になります。
主音>属音>中音

やや不安定な音(黄色の音:上主音、下中音)

上主音

「全音下の主音」や「全音上の中音」に進行しやすいです。
主音は最も安定な音なので、進行しやすさは以下のようになります。
全音下の主音>全音上の中音

下中音

「全音下の属音」や「全音上の導音」に進行しやすいです。
属音は2番目に安定な音なので、進行しやすさは以下のようになります。
全音下の属音>全音上の導音

 

不安定な音(ピンク色の音:下属音、導音)

下属音

「半音下の中音」や「全音上の属音」に進行しやすい。
属音は中音よりも安定な音です。
しかし半音の進行は強い解決感があるので、進行しやすさは以下のようになります。
半音下の中音>全音上の属音

導音

「半音上の主音」に進行しやすいです。
主音は最も安定な音です。さらに半音の進行は強い解決感があるので、導音から主音への進行は非常に強い解決感があります。

キーとは

キー調)とは楽曲がどのスケールに基づいているかを表します。

キーとスケールの対応
キースケール
CメジャーキーCメジャースケール
AマイナーキーAマイナースケール

そのため楽曲のキーが決まれば使えるスケールが決まります。

例えば、Cメジャーキーで「作曲」「耳コピ」「アドリブ」をするならCメジャースケールから音を選べばよいことになります。

それでは試しに以下の2種類のキーのコード進行でアドリブをしてみましょう!

キーに対応するスケールの音を鳴らしているだけで音楽ができる人になった気分を味わうことができます。

【Cメジャーキー】

  • コード進行
    |C|Am|Dm|G ×4
  • 対応するスケール
    Cメジャースケール
    →C、D、E、F、G、A、B

【音楽理論】Cメジャーキーでのアドリブ

【Aマイナーキー】

  • コード進行
    |Am|Dm|G|C ×4
  • 対応するスケール
    Aマイナースケール
    →A、B、C、D、E、F、G

【音楽理論】Aマイナーキーでのアドリブ


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました