名曲で学ぶ音楽理論(米津玄師「Lemon」編)

アーティスト:米津玄師
作詞・作曲: 米津玄師

「名曲で学ぶ音楽理論」シリーズでは、音楽理論が名曲の中でどのように使われているかを学び使える音楽理論を学ぶことを目的としています。


今回は、米津玄師の名曲「Lemon」の楽曲分析を行います。

米津玄師 MV「Lemon」

「Lemon」では、以下の音楽理論を学ぶことができます。

  • ディミニッシュコード
  • セカンダリードミナントコード
  • 偽終止
  • モーダル・インターチェンジコード
  • 転調
  • オンコード

では、分析していきましょう。

スポンサーリンク

Aメロ

keyはBメジャーです。

|A♭m F#|E B|E B|Ddim E♭
→|
Ⅵm Ⅴ|Ⅳ Ⅰ|Ⅳ Ⅰ|Ⅲ♭dim 
(夢ならば~)

|A♭m F#|E B|E B|F# B
→|Ⅵm Ⅴ|Ⅳ Ⅰ|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅰ
(忘れた物を~)

|A♭m F#|E B|E B|Ddim E♭
|Ⅵm Ⅴ|Ⅳ Ⅰ|Ⅳ Ⅰ|Ⅲ♭dim 
(戻らない~)

|A♭m F#|E B|E B|E♭ A♭m
→|Ⅵm Ⅴ|Ⅳ Ⅰ|Ⅳ Ⅰ| Ⅵm
(言えずに~)

Ⅲ♭dim

ディミニッシュコード(Ⅲ♭dim)はⅦ7の代理コードです。

ディミニッシュコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ディミニッシュコードの使い方


そしてⅦ7は次のコードⅢに対するセカンダリドミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

次のコードⅥmに対するセカンダリドミナントコードです。

Bメロ

|D♭m7 A♭m|F# B
→|Ⅱm7 Ⅵm|Ⅴ Ⅰ
(きっとこれ以上~)

|D♭m7 A♭m|E F# B
→|Ⅱm7 Ⅵm|Ⅳ Ⅴ Ⅰ
(ありはしないと~)

Bメロのコード進行は、ダイアトニックコードのみです。

サビ

|E B|F# A♭m|E B|F# E♭
→|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅵm|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ 
(あの日の悲しみさえ~)

|E B|B♭m7-5 E♭ A♭m
→|Ⅳ Ⅰ|Ⅶm7-5 Ⅲ Ⅵm
(胸に残り離れない~)

|D♭m A♭m|E F# Fm7-5
|Ⅱm Ⅵm|Ⅳ Ⅴ Ⅳ#m7-5
(雨が降りやむまでは~)

|D♭m A♭m|E F# B (E♭)
→|Ⅱm Ⅵm|Ⅳ Ⅴ Ⅰ (E♭)
(今でもあなたは~)

Ⅵmに対するセカンダリドミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

ただし実際はⅥmに進行せず、Ⅳに偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅳ#m7-5

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Cメロ

|Fm D♭|E♭ A♭|D♭ A♭|E♭ A♭ ×3
→|Ⅵm Ⅳ|Ⅴ Ⅰ|Ⅳ Ⅰ|Ⅴ Ⅰ ×3
(自分が思うより~)

|Fm D♭|E♭ A♭|D♭ A♭|F#
→|Ⅵm Ⅳ|Ⅴ Ⅰ|Ⅳ Ⅰ|♭Ⅶ
(とても忘れられない~)

|D♭|D♭m D♭monF#
|Ⅳ|Ⅳm Ⅳmon♭Ⅶ

ここでBメジャーからA♭メジャーに転調しています。


Cメロの直前のサビの最後のコードはⅢ(BメジャーならE♭)です。
これをA♭メジャーにおけるドミナントコードⅤと見立てて転調を行っています。

Bメジャーの平行調はA♭マイナーで、A♭マイナーの同主調はA♭メジャーです。
近親調の近親調なので比較的転調しやすいです。

「平行調、同主調、近親調の意味」や「転調の方法」についてはコチラ↓
転調の方法と転調パターン一覧

 

♭Ⅶ

エオリアンスケール(同主調)からのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅳm

エオリアンスケール(同主調)からのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

Ⅳm on♭Ⅶ

Ⅳm7の11thの音を最低音にしたオンコードです

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方


最後のサビでA♭メジャーからBメジャーに転調します。

以下はCメロの最後のコード進行です

 D♭mD♭monF#
A♭メジャーⅣmⅣm on♭Ⅶ
BメジャーⅡmⅡm onⅤ


A♭メジャーにおけるⅣm→Ⅳm on♭Ⅶというコード進行を
BメジャーにおけるⅡm→Ⅱm onⅤと見立てて転調を行っています。

これはピボットコードとドミナントコードを使った転調です。

ピボットコードとドミナントコードを使った転調についての詳細はコチラ↓
転調の方法と転調パターン一覧

 

Ⅱm onⅤはドミナントコードとして使用できます。詳しくはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント