音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

名曲で学ぶコード理論(Audrey Hepburn「Moon River」編)

アーティスト:Audrey Hepburn
作詞:John Herndon Johnny Mercer
作曲:Henry Mancini

「名曲で学ぶコード理論」シリーズでは、名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、Audrey Hepburnの名曲「Moon River」のコード分析を行います。

ムーン・リバー by オードリー・ヘップバーン

1番

|FM7|Dm7|B♭M7|FonA
(Moon River~)

|B♭M7|FonA|Em7-5|A7
(I’m crossing~)

|Dm7|F7onC|B♭M7|E♭7
(Old dream~)

|Dm7|Bm7-5 E7
(Wherever~)

|Am7 D7|Gm7 C7
(Wherever~)

2番

|FM7|Dm7|B♭M7|FonA
(Two drifters~)

|B♭M7|FonA|Em7-5|A7
(There’s such~)

|Dm7|F7onC|Bm7-5|B♭7
(We’re after~)

|FonA|B♭M7|FonA|B♭M7
(end~)

|FonA|Dm7|Gm7|C7
(friend~)

|B♭M7 Am7 Gm7|FM7
(I’m going~)

「Moon River」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • オンコード
  • マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)
  • セカンダリードミナントコード
  • 裏コード
  • モーダルインターチェンジコード(借用和音)

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
【誰でも分かる!】「ダイアトニックコードの基礎」と「コード進行の作り方」

1番

keyはFメジャーです。

|FM7|Dm7|B♭M7|FonA
→|ⅠM7|Ⅵm7|ⅣM7|ⅠonⅢ
(Moon River~)

|B♭M7|FonA|Em7-5|A7
→|ⅣM7|ⅠonⅢⅦm7-5Ⅲ7
(I’m crossing~)

|Dm7|F7onC|B♭M7|E♭7
→|Ⅵm7|Ⅰ7onⅤ|ⅣM7|Ⅶ♭7
(Old dream~)

|Dm7|Bm7-5 E7
→|Ⅵm7|#Ⅳm7-5 Ⅶ7
(Wherever~)

|Am7 D7|Gm7 C7
→|Ⅲm7 Ⅵ7|Ⅱm7 Ⅴ7
(I’m going~)

コード説明
ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

度の意味についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

Ⅶm7-5

平行短調のツーファイブとしてのマイナーセブンスフラットファイブです。

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅰ7onⅤ

Ⅰ7の5度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」


Ⅰ7はⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅶ♭7

Ⅲ7の裏コードです。

裏コードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「裏コード」の3つの使い方

Ⅲ7はⅥm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方


もしくはエオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

#Ⅳm7-5

リディアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅶ7

Ⅲm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

2番

|FM7|Dm7|B♭M7|FonA
→|ⅠM7|Ⅵm7|ⅣM7|ⅠonⅢ
(Two drifters~)

|B♭M7|FonA|Em7-5|A7
→|ⅣM7|ⅠonⅢⅦm7-5Ⅲ7
(There’s such~)

|Dm7|F7onC|Bm7-5|B♭7
→|Ⅵm7|Ⅰ7onⅤ#Ⅳm7-5Ⅳ7
(We’re after~)

|FonA|B♭M7|FonA|B♭M7
→|ⅠonⅢ|ⅣM7|ⅠonⅢ|ⅣM7
(end~)

|FonA|Dm7|Gm7|C7
→|ⅠonⅢ|Ⅵm7|Ⅱm7|Ⅴ7
(friend~)

|B♭M7 Am7 Gm7|FM7
→|ⅣM7 Ⅲm7 Ⅱm7|ⅠM7

コード説明
ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

度の意味についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

Ⅶm7-5

平行短調のツーファイブとしてのマイナーセブンスフラットファイブです。

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅰ7onⅤ

Ⅰ7の5度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「音高(ピッチ)」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」


Ⅰ7はⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

#Ⅳm7-5

リディアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅳ7

ドリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

以上、ご覧いただきありがとうございました。


作曲におすすめな本はコチラ
【厳選3冊】作曲におすすめの本

コメント

タイトルとURLをコピーしました