音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

コード分析(Gilbert O’Sullivan「Alone Again (Naturally)」編)

このシリーズでは名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、Gilbert O’Sullivanの名曲「Alone Again (Naturally)」のコード分析を行います。

Listen on Apple Music

Gilbert O'Sullivan – Alone Again (original version)

「Alone Again (Naturally)」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • テンションコード
  • モーダルインターチェンジコード(借用和音)
  • セカンダリードミナントコード
  • オーギュメントコード
  • 偽終止
  • クリシェ
  • 転調

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

コード進行

【イントロ】

|G♭M7|B♭m7

|A♭m7 D♭7(♭9)|G♭M7


【Aメロ】

|G♭M7|B♭m7
(In a little while~)

|D♭m7|B♭m7-5 E♭7
(I promise myself~)

|A♭m7|A♭m7-5
(And climbing~)

|G♭ G♭aug|G♭6 F7
(In an effort to~)

|B♭m7|B♭m7-5 E♭7
(Left standing~)

|A♭m7|A♭m7-5
(My God~)

|G♭M7|B♭m7 E♭7
(We may as well~)

1, 2回目

|A♭m7 D♭7(♭9)|G♭M7
(Alone again~)

3回目

|A♭m7 D♭7(♭9)|B♭m7 E♭7
(Alone again~)

|A♭m7 D♭7(♭9)|G♭M7
(Alone again~)


【Bメロ】

|A|E7
(It seems to be~)

|A♭m7 D♭7|A E♭m7-5
(That can’t be mended~)

|D♭M7|A♭m7 D♭7
(What do we do~)


【間奏】

コード進行はAメロの1, 2回目と同じ。

コード進行分析

イントロ

キーはG♭メジャーです。

|G♭M7|B♭m7
→|ⅠM7|Ⅲm7

|A♭m7 D♭7(♭9)|G♭M7
→|Ⅱm7 Ⅴ7(♭9)|ⅠM7

コード説明
Ⅴ7(♭9)

テンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧

Aメロ

キーはG♭メジャーです。

|G♭M7|B♭m7
→|ⅠM7|Ⅲm7
(In a little while~)

|D♭m7|B♭m7-5 E♭7
→|Ⅴm7Ⅲm7-5 7
(I promise myself~)

|A♭m7|A♭m7-5
→|Ⅱm7|Ⅱm7-5
(And climbing~)

|G♭ G♭aug|G♭6 F7
→|Ⅰ ⅠaugⅠ6 Ⅶ7
(In an effort to~)

|B♭m7|B♭m7-5 E♭7
→|Ⅲm7|Ⅲm7-5 7
(Left standing~)

|A♭m7|A♭m7-5
→|Ⅱm7|Ⅱm7-5
(My God~)

|G♭M7|B♭m7 E♭7
→|ⅠM7|Ⅲm7 7
(We may as well~)

1, 2回目

|A♭m7 D♭7(♭9)|G♭M7
→|Ⅱm7 Ⅴ7(♭9)|ⅠM7
(Alone again~)

3回目

|A♭m7 D♭7(♭9)|B♭m7 E♭7
→|Ⅱm7 Ⅴ7(♭9)|Ⅲm7 7
(Alone again~)

|A♭m7 D♭7(♭9)|G♭M7
→|Ⅱm7 Ⅴ7(♭9)|ⅠM7
(Alone again~)

コード説明
Ⅴm7

ミクソリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅲm7-5

ミクソリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅱm7-5エオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(M.I.C)一覧
Ⅰaug

オーギュメントコードです。
Ⅰ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
オーギュメントコード(aug)とは?使い方は?


Ⅰ7(♭13)はテンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧


Ⅰ7はⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

ⅣM7に進行しない場合は偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅰの5度の上昇クリシェとなっています。

クリシェについてはコチラ↓
経過和音の3つの使い方:「クリシェ」「パッシングディミニッシュ」「平行和音」

Ⅰ6

オーギュメントコードです。
Ⅰ7(13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
オーギュメントコード(aug)とは?使い方は?


Ⅰ7(13)はテンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧


Ⅰ7はⅣM7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

ⅣM7に進行しない場合は偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅰの5度の上昇クリシェとなっています。

クリシェについてはコチラ↓
経過和音の3つの使い方:「クリシェ」「パッシングディミニッシュ」「平行和音」

Ⅶ7

Ⅲm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅴ7(♭9)

テンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧

Bメロ

キーはAメジャーです。

|A|E7
→|Ⅰ|Ⅴ7
(It seems to be~)

|A♭m7 D♭7|A E♭m7-5
→|Ⅶm7 Ⅲ7|Ⅰ #Ⅳm7-5
(That can’t be mended~)

|D♭M7|A♭m7 D♭7
→|ⅣM7|Ⅶm7 Ⅲ7
(What do we do~)

コード説明
Ⅶm7

リディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

Ⅵm7に進行しない場合は偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

#Ⅳm7-5

リディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Bメロの最初にG♭メジャーからAメジャー(短三度上)に直接転調をしています。

Bメロの最後にAメジャーからG♭メジャー(短三度下)にピボットコードを使った転調をしています。

キーA♭m7D♭7
AメジャーⅦm7Ⅲ7
G♭メジャーⅡm7Ⅴ7

短三度上と短三度下は転調しやすいです。

転調については以下をご覧ください。
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

間奏

コード進行はAメロの1, 2回目と同じです。


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました