音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

コード分析(FLIPPER’S GUITAR「恋とマシンガン」編)

この記事は約7分で読めます。

このシリーズでは名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、FLIPPER’S GUITARの名曲「恋とマシンガン」のコード分析を行います。

「恋とマシンガン」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • オンコード
  • セカンダリードミナントコード
  • ディミニッシュコード
  • 転調
  • モーダルインターチェンジコード
  • 平行和音

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

コード進行

【イントロ・アウトロ】

|A Bm7|AonD♭

|Bm7 E7|A

|Bm7 E7|A F#7

|B7|E7|E7|E7


【Aメロ】

|A|B♭dim7|F#7|F#7
(ドアの向こう~)

|Bm7|E7|A|A
(気づかないで~)

|Dm7|G7|CM7|Am7
(恋をしてた~)

1回目

|Bm7|Bm7|E7|E7
(そして僕は~)

2回目

|Bm7|Bm7|E7|A B♭dim
(テイクワン~)


【サビ】

|Bm7|E7|A|F#7
(真夜中の~)

|Bm7|E7|D♭m7|F#7
(君のハートも~)

|Bm7|E7|D♭m7|F#7
(僕ら~)

1, 3, 4回目

|Bm7|E7|A|A E7
(素直に僕が~)

2回目

|Bm7|E7|A|A B♭dim
(素直に僕が~)

5回目

|Bm7|E7
(素直に僕が~)

 


【間奏】

1, 3回目

|F#7|F#7|B7|B7

|E7|E7 A7|B♭7 B7|C7 D♭7

|F#7|F#7|B7|B7

|E7|E7|E7|E7

2回目

|A|B♭dim7|F#7|F#7
→|Ⅰ|♭ⅡdimⅥ7Ⅵ7

|Bm7|E7|A|A
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ|Ⅰ

|Dm7|G7|CM7|Am7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|ⅠM7|Ⅵm7

|Bm7|Bm7|E7|E7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅴ7

繰り返し

コード進行分析

イントロ・アウトロ

キーはAメジャーです。

|A Bm7|AonD♭
→|Ⅰ Ⅱm7|ⅠonⅢ

|Bm7 E7|A
→|Ⅱm7 Ⅴ7|Ⅰ

|Bm7 E7|A F#7
→|Ⅱm7 Ⅴ7|Ⅰ Ⅵ7

|B7|E7|E7|E7
→|Ⅱ7|Ⅴ7|Ⅴ7|Ⅴ7

コード説明
ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方
オンコード一覧

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

Ⅵ7

Ⅱ7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Ⅱ7

Ⅴ7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Aメロ

キーはAメジャーです。

|A|B♭dim7|F#7|F#7
→|Ⅰ|♭ⅡdimⅥ7Ⅵ7
(ドアの向こう~)

|Bm7|E7|A|A
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ|Ⅰ
(気づかないで~)


キーはCメジャーです。

|Dm7|G7|CM7|Am7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|ⅠM7|Ⅵm7
(恋をしてた~)

1回目

キーはAメジャーです。

|Bm7|Bm7|E7|E7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅴ7
(そして僕は~)

2回目

|Bm7|Bm7|E7|A B♭dim
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ ♭Ⅱdim
(テイクワン~)

コード説明
♭Ⅱdim

Ⅵ7の代理コードとしてのディミニッシュコードです。

ディミニッシュコードについてはコチラ↓
ディミニッシュコードとは?2つの使い方


Ⅵ7はⅡm7に対するセカンダリードミナントコードコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Aメロの途中でAメジャーからCメジャー(短三度上)に直接転調をしています。

そしてその後、CメジャーからAメジャー(短三度下)に直接転調をしています。

短三度上・短三度下の調は転調しやすいです。

転調については以下をご覧ください。
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

サビ

キーはAメジャーです。

|Bm7|E7|A|F#7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ|Ⅵ7
(真夜中の~)

|Bm7|E7|D♭m7|F#7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅲm7|Ⅵ7
(君のハートも~)

|Bm7|E7|D♭m7|F#7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅲm7|Ⅵ7
(僕ら~)

1, 3, 4回目

|Bm7|E7|A|A E7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ|Ⅰ Ⅴ7
(素直に僕が~)

2回目

|Bm7|E7|A|A B♭dim
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ|Ⅰ ♭Ⅱdim
(素直に僕が~)

5回目

|Bm7|E7
→|Ⅱm7|Ⅴ7
(素直に僕が~)

コード説明
Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

♭Ⅱdim

Ⅵ7の代理コードとしてのディミニッシュコードです。

ディミニッシュコードについてはコチラ↓
ディミニッシュコードとは?2つの使い方


Ⅵ7はⅡm7に対するセカンダリードミナントコードコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

間奏

キーはAメジャーです。

1, 3回目

|F#7|F#7|B7|B7
→|Ⅵ7Ⅵ7Ⅱ7Ⅱ7

|E7|E7 A7|B♭7 B7|C7 D♭7
→|Ⅴ7|Ⅴ7 Ⅰ7♭Ⅱ7 Ⅱ7♭Ⅲ7 Ⅲ7

|F#7|F#7|B7|B7
→|Ⅵ7Ⅵ7Ⅱ7Ⅱ7

|E7|E7|E7|E7
→|Ⅴ7|Ⅴ7|Ⅴ7|Ⅴ7

2回目

キーはAメジャーです。

|A|B♭dim7|F#7|F#7
→|Ⅰ|♭ⅡdimⅥ7Ⅵ7

|Bm7|E7|A|A
→|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ|Ⅰ


キーはCメジャーです。

|Dm7|G7|CM7|Am7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|ⅠM7|Ⅵm7

キーはAメジャーです。

|Bm7|Bm7|E7|E7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅴ7

繰り返し

コード説明
Ⅵ7

Ⅱm7、Ⅱ7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Ⅱ7

Ⅴ7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Ⅰ7

ミクソリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコードとは?使い方は?
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

♭Ⅱ7

Ⅱ7

♭Ⅲ7

Ⅰ7の平行和音です。

平行和音についてはコチラ↓
経過和音の3つの使い方:「クリシェ」「パッシングディミニッシュ」「平行和音」

Ⅲ7

Ⅵ7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

♭Ⅱdim

Ⅵ7の代理コードとしてのディミニッシュコードです。

ディミニッシュコードについてはコチラ↓
ディミニッシュコードとは?2つの使い方


Ⅵ7はⅡm7に対するセカンダリードミナントコードコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

 

2回目の間奏の途中でAメジャーからCメジャー(短三度上)に直接転調をしています。

そしてその後、CメジャーからAメジャー(短三度下)に直接転調をしています。

短三度上・短三度下の調は転調しやすいです。

転調については以下をご覧ください。
「転調の方法」と「転調パターン一覧」


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました