名曲で学ぶ音楽理論(松田聖子「BITTER SWEET LOLLIPOPS」編)

アーティスト:松田聖子
作曲: 大村雅朗
作詞: 松本隆

スポンサーリンク

この曲から学ぶことができる音楽理論

今回は、松田聖子の名曲「BITTER SWEET LOLLIPOPS」の楽曲分析を行います。
ここでは、以下の音楽理論を学ぶことができます。

Matsuda Seiko – BITTER SWEET LOLLIPOPS

  • 近親調(平行調、同主調、下属調、属調)への部分転調
  • ドミナントモーション(セカンダリドミナント、ドッペルドミナントを含む)
  • オンコードの作り方
  • dimコードの使い方
  • sus4コードの使い方

名曲を分析する

この曲は「key=E」ですが、ここでは便宜的に「key=C」とします。

まずは、Aメロのコード進行から。

C/C7/F/Fm/C/EonB/A/D7/G
(恋って不思議な~)

C7

「key=F」のダイアトニックコードです。
つまり、「key=F」へ部分転調しています。

「key=F」は「key=C」の下属調です。

下属調は本来の調と構成が似ているため、スムーズに転調することができます

また、以下の理由によってコード進行がスムーズになります。
・「C7」と「直前のコードであるC」の構成音が近いから。
・「C7→F」というコード進行は、ドミナントモーションだから。

ここで、ドミナントモーションについて説明します。

ドミナントモーションとは、「ドミナント(Ⅴ)」から「トニック(Ⅰ or Ⅰm)」への進行です。

ドミナントは「不安定なコード」で、トニックは「安定なコード」です。
そのため、「ドミナント」は「トニック」へ強く進行しようとします。

このドミナントモーションの強い進行を利用して、コード進行を作ることができます。

ちなみに、「F」に対する「C7」をセカンダリードミナントと言います。

セカンダリードミナントとは、直後のコードを「トニック」に見立てて「ドミナントモーション」を行うために挿入するコードのことです。

Fm

「key=Cm」のダイアトニックコードです。
つまり、「key=Cm」へ部分転調しています。

「key=Cm」は「key=C」の同主調です。

同主調は本来の調と構成が似ているため、スムーズに転調することができます

また、「Fm」は「直前のコードであるF」と構成音が近いので、スムーズなコード進行になっています。

EonB

「key=Am」のダイアトニックコードです。
つまり、「key=Am」へ部分転調しています。

「key=Am」は「key=C」の平行調です。

平行調は本来の調と構成が似ているため、スムーズに転調することができます

また、「E」は「Am」に対するセカンダリドミナントでもあります。

また、Eコードの5度の音であるBをベース音にして、オンコードにしています。
これにより、ベース音が下降していくスムーズなコード進行になっています。

オンコードを作る場合、まずはコードの構成音からべース音を探すと良いでしょう

EonB/A/D7/G

 このコード進行は、セカンダリードミナントを繰り返したものです。

本来のKeyにおけるドミナントに対するセカンダリードミナントを「ドッペルドミナント」と呼びます

例えば「key=C」の場合、ドミナントはG7でドッペルドミナントはD7です。


続いて、Bメロのコード進行です。

A/Dm/G/C/E7/Am7/F/DonF#/G/G#/G
(私の魅力が~)

ADmに対するセカンダリドミナントです。
E7平行調である「key=Am」のダイアトニックコードです。
また、Am7に対するセカンダリドミナントです。
DonF#Dコードの3度の音であるF#をベース音にしたオンコードです。
G#同主調である「key=Cm」のダイアトニックコードです。

最後に、Cメロのコードです。

Am/EonG#/ConG/D7onF#/F/ConE/D#dim/Esus4/E/Gsus4/G
(夢で二人きり~)

ここでは、オンコードなどを使用することでベース音が半音ずつ下降していくスムーズなコード進行になっています。

EonG#

Eコードの3度の音であるG#をベース音にしたオンコードです。

また、Eは平行調である「key=Am」のダイアトニックコードです。

ConGCコードの5度の音であるGをベース音にしたオンコードです。
D7onF#

D7コードの3度の音であるF#をベース音にしたオンコードです。

また、D7は「key=G」のダイアトニックコードです。
つまり、「key=G」へ部分転調しています。
「key=G」は「key=C」の属調です。

属調は本来の調と構成が似ているため、スムーズに転調することができます

また、今まで見てきた本来の調と構成が似ている調(平行調、同主調、下属調、属調)を近親調と呼びます。
近親調への転調は、スムーズに行うことができます。

ConECコードの3度の音であるEをベース音にしたオンコードです。
D#dim

B7の代理コードだと考えました。
B7は、Esus4に対するセカンダリードミナントです。
B7(ドミナント)の代理コードの1つに、Cdimがあります(構成音が1つしか違わない)。

このように、「dimコード」はドミナントの代理コードとして使用できます

そして、Cdimの構成音のうちD#をベース音にするとD#dimになります。
ベース音を半音ずつ下降させるために、このような変形を行っていると考えられます。

Esus4

Eは平行調である「key=Am」のダイアトニックコードです。

「key=Am」において、Eはドミナントです。
サスフォー(sus4)は、ドミナントで使うことができます

Gsus4同様に「key=C」のドミナント「G」のsus4です。

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント