音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

名曲で学ぶコード理論(Stevie Wonder「Isn’t She Lovely」編)

この記事は約6分で読めます。

アーティスト:Stevie Wonder
作詞・作曲:Stevie Wonder

「名曲で学ぶコード理論」シリーズでは、名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、Stevie Wonderの名曲「Isn’t She Lovely」のコード分析を行います。

【イントロ】

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E

【Aメロ】

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E
(Isn’t she lovely~)

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E
(Isn’t she precious~)

【Bメロ】

|AM7|A♭aug|D♭m7|F#6
(I never thought~)

|AonB|AonB|E|E
(But isn’t she~)

【間奏・アウトロ】

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E ×2

|AM7|A♭aug|D♭m7|F#6

|AonB|AonB|E|E A♭aug

「Isn’t She Lovely」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • テンションコード
  • ナインスコード
  • セカンダリードミナントコード
  • オンコード
  • オーギュメントコード

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
【誰でも分かる!】「ダイアトニックコードの基礎」と「コード進行の作り方」

イントロ

D♭マイナーキーですが、簡単のためEメジャーで考えます。

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E
→|Ⅵm7|Ⅱ7(9)Ⅱm7onⅤ|Ⅰ

コード説明
Ⅱ7(9)

テンションコードの1つであるセブンスナインスコードです。

テンションコードについてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

メジャーセブンスナインスコードの使い方についてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方


Ⅱ7はV7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

ただし実際はV7に進行せず代理コードであるⅡm7onⅤに終止しています。

Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Aメロ

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E
→|Ⅵm7|Ⅱ7(9)Ⅱm7onⅤ|Ⅰ
(Isn’t she lovely~)

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E
→|Ⅵm7|Ⅱ7(9)|Ⅱm7onⅤ|Ⅰ
(Isn’t she precious~)

コード説明
Ⅱ7(9)

テンションコードの1つであるセブンスナインスコードです。

テンションコードについてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

メジャーセブンスナインスコードの使い方についてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方


Ⅱ7はV7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

ただし実際はV7に進行せず代理コードであるⅡm7onⅤに終止しています。

Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Bメロ

|AM7|A♭aug|D♭m7|F#6
→|ⅣM7|Ⅲaug|Ⅵm7|Ⅱ7(9)
(I never thought~)

|AonB|AonB|E|E
→|ⅣonⅤⅣonⅤ|Ⅰ|Ⅰ
(But isn’t she~)

コード説明
Ⅲaug

オーギュメントコード(Ⅲaug)は、Ⅲ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「オーギュメントコード(aug)」の使い方

Ⅲ7(♭13)はⅢ7のテンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

Ⅲ7はⅥm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Ⅱ7(9)

テンションコードの1つであるセブンスナインスコードです。

テンションコードについてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

メジャーセブンスナインスコードの使い方についてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方


Ⅱ7はV7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

ただし実際はV7に進行せず代理コードであるⅡm7onⅤに終止しています。

ⅣonⅤ

Ⅳの9thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

間奏・アウトロ

|D♭m7|F#7(9)|F#m7onB|E ×2
→|Ⅵm7|Ⅱ7(9)Ⅱm7onⅤ|Ⅰ ×2

|AM7|A♭aug|D♭m7|F#6
→|ⅣM7|Ⅲaug|Ⅵm7|Ⅱ7(9)

|AonB|AonB|E|E
→|ⅣonⅤⅣonⅤ|Ⅰ|Ⅰ

コード説明
Ⅱ7(9)

テンションコードの1つであるセブンスナインスコードです。

テンションコードについてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

メジャーセブンスナインスコードの使い方についてはコチラをご覧下さい。
【誰でも分かる!】「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方


Ⅱ7はV7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

ただし実際はV7に進行せず代理コードであるⅡm7onⅤに終止しています。

Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Ⅲaug

オーギュメントコード(Ⅲaug)は、Ⅲ7(♭13)の代理コードです。

オーギュメントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「オーギュメントコード(aug)」の使い方

Ⅲ7(♭13)はⅢ7のテンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】テンションコードの使い方

Ⅲ7はⅥm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

ⅣonⅤ

Ⅳの9thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

以上、ご覧いただきありがとうございました。


作曲におすすめな本はコチラ
【厳選3冊】作曲におすすめの本

コメント

タイトルとURLをコピーしました