音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

コード分析(Stevie Wonder「You Are The Sunshine Of My Life」編)

この記事は約6分で読めます。

このシリーズでは名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、Stevie Wonderの名曲「You Are The Sunshine Of My Life」のコード分析を行います。

Listen on Apple Music

「You Are The Sunshine Of My Life」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • テンションコード
  • ナインスコード
  • セカンダリードミナントコード
  • オンコード
  • マイナーセブンスフラットファイブ
  • 偽終止
  • 転調

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

コード進行

【イントロ】
|BM7(9)|〃|F#7|〃 ×2


【Aメロ】

5回目からキーが半音上がります。

|BM7(9)|EM7(9,#11,13)
(Your are the sunshine~)

|E♭m7|A♭7(♭9)
(life~)

|D♭m7|D♭m7onF#
(That’s why~)

|BM7(9)|D♭m7 D♭m7onF#
(around~)


【Bメロ】

|BM7|EM7(9) EonF# ×3
(I feel like~)

|B♭m7-5|E♭7
(years~)

|A♭M7|D♭M7(9) D♭onE♭
(And if I thought~)

|A♭m7|〃
(ending~)

1回目

|D♭7|〃|F#7|〃
(I’d find myself~)

2回目

|D♭7|〃|F#7|G7
(How could so much~)

コード進行分析

イントロ

キーはBメジャーです。

|BM7(9)|〃|F#7|〃 ×2
→|ⅠM7(9)|〃|Ⅴ7|〃

コード説明
ⅠM7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧

Aメロ

キーはBメジャーです。
5回目からキーが半音上がります。

|BM7(9)|EM7(9,#11,13)
→|ⅠM7(9)ⅣM7(9,#11,13)
(Your are the sunshine~)

|E♭m7|A♭7(♭9)
→|Ⅲm7|Ⅵ7(♭9)
(life~)

|D♭m7|D♭m7onF#
→|Ⅱm7|Ⅱm7onⅤ
(That’s why~)

|BM7(9)|D♭m7 D♭m7onF#
→|ⅠM7(9)|Ⅱm7 Ⅱm7onⅤ
(around~)

コード説明
ⅠM7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧

ⅣM7(9,#11,13)

テンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧

Ⅵ7(♭9)

テンションコードです。

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧

Ⅵ7はⅡm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。
ドミナントコード(V7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方
オンコード一覧

Bメロ

キーはBメジャーです。

|BM7|EM7(9) EonF# ×3
→|ⅠM7|ⅣM7(9) ⅣonⅤ
(I feel like~)

|B♭m7-5|E♭7
→|Ⅶm7-5Ⅲ7
(years~)

キーはA♭メジャーです。

|A♭M7|D♭M7(9) D♭onE♭
→|ⅠM7|ⅣM7(9) ⅣonⅤ
(And if I thought~)

キーはBメジャーです。

|A♭m7|〃
→|Ⅵm7|〃
(ending~)

1回目

|D♭7|〃|F#7|〃
→|Ⅱ7|〃|Ⅴ7|〃
(I’d find myself~)

2回目

|D♭7|〃|F#7
→|Ⅱ7|〃|Ⅴ7
(How could so much~)

キーはCメジャーです。

|G7
→|Ⅴ7

コード説明
ⅣM7(9)

テンションコードの1つであるナインスコードです。

ナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

テンションコードについてはコチラ↓
テンションコードとは?使い方は?
テンションコード一覧

ⅣonⅤ

Ⅳの9thの音を最低音にしたオンコードです。
ドミナントコード(V7)の代理コードとして使用できます。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方
オンコード一覧

Ⅶm7-5

マイナーセブンスフラットファイブです。

マイナーセブンスフラットファイブについてはコチラ↓
マイナーセブンスフラットファイブ(m7-5)の3つの使い方

Ⅲ7

Ⅵm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

Ⅵm7に進行しない場合は偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅱ7

Ⅴ7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

途中でBメジャーからA♭メジャー(短三度下)にドミナントコードを使った転調をしています。

その後A♭メジャーからBメジャー(短三度上)に直接転調をしています。

短三度上と短三度下は転調しやすいです。

Bメロの二回目の最後にBメジャーからCメジャー(半音上)に直接転調をしています。

半音上には転調しやすいです。

転調については以下をご覧ください。
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

以上、ご覧いただきありがとうございました。

あわせてコチラもどうぞ
コード分析(Stevie Wonder「Isn’t She Lovely」編)

コメント

タイトルとURLをコピーしました