名曲で学ぶ音楽理論(小沢健二「流動体について」編)

アーティスト:小沢健二
作曲: 小沢健二
作詞: 小沢健二

スポンサーリンク

名曲で転調テクニックを学ぶ

今回は、小沢健二の名曲「流動体について」で行われている転調を紹介します。

ここでは,以下のコード進行を使用します。

①Am7/D/Bm7/Em7/Am7/D/F/G
(平行する世界の毎日~)

②D#M7/Dm7/D♭M7/Cm7/BM7/A#m7/D#7
(だけど意思は言葉を変え~)

まず、①の部分を説明します。①はkey=Gです。

①のコード進行をディグリーネーム(ローマ数字)で置き換えると、以下のようになります。

Ⅱm7/Ⅴ/Ⅲm7/Ⅵm7/Ⅱm7/Ⅴ/♭Ⅶ/Ⅰ

♭Ⅶは同主調からの借用和音です。同主調は近親調の1つで、近親調への転調はしやすいです。①のポイントはこれくらいですかね。

次に②の部分を説明します。②で半音上への転調が行われます

また、②は5回連続でルートが半音ずつ下降していく面白いコード進行です

僕は、②のコード進行を以下のように解釈しました。

keyD#M7Dm7D♭M7Cm7BM7A#m7D#7
B♭(Gm)ⅣM7Ⅲm7♭ⅢM7Ⅱm7   
A♭(Fm)  ⅣM7Ⅲm7♭ⅢM7Ⅱm7Ⅴ7

まず、②の最初で①のkey=Gの同主調であるkey=B♭(Gm)に転調しています。前述のとおり、同主調への転調はしやすいです。

D♭M7(♭ⅢM7)は、key=B♭の同主調であるkey=B♭mからの借用和音ですこのコードを挿入することで、ルートが半音ずつ下降していきます。すると、コード進行が滑らかになります。

②では、さらにkey=A♭への転調も行われています。この転調は、「key=B♭における♭ⅢM7/Ⅱmというコード進行」を「key=A♭におけるⅣM7/Ⅲm7というコード進行」に見たてることで行われています。

つまり、2つの調で共通しているコード進行を使って転調しています。転調のよくあるパターンとして、2つの調で共通するコードであるピボットコードを使ったものがあります。今回の転調は、「ピボットコード進行」と言えるでしょう。

BM7(♭ⅢM7)も同様に、key=A♭の同主調であるkey=A♭mからの借用和音です。このコードを挿入することで、結果的に②のコード進行の最後のコードであるD#7の直前まで半音ずつ下降していくコード進行が出来上がるのです。

②では、最終的に半音上への転調が行われたことになります。「流動体について」では、②と同じコード進行がもう1度あります。つまり、合計2度の半音上への転調が行われています。

そのため、転調するたびに曲のテンションが上がっていくことになります。この工夫がこの曲の魅力の1つだと思います。

というわけで以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント