名曲で学ぶ音楽理論(秦基博「ひまわりの約束」編)

アーティスト:秦基博
作詞・作曲: 秦基博

「名曲で学ぶ音楽理論」シリーズでは、音楽理論が名曲の中でどのように使われているかを学び使える音楽理論を学ぶことを目的としています。


今回は、秦基博の名曲「ひまわりの約束」の楽曲分析を行います。

秦 基博 / ひまわりの約束(Short Ver.)


「ひまわりの約束」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • オンコード
  • モーダル・インターチェンジコード
  • サスフォーコード
  • アドナインスコード
  • ディミニッシュコード

では、分析していきましょう。

スポンサーリンク

イントロ

keyはB♭メジャーです。

|B♭ FonA|E♭ B♭ B♭onA
|Ⅰ ⅤonⅦ|Ⅳ Ⅰ ⅠonⅦ

|Gm Dm7|E
→|Ⅵm Ⅲm7|Ⅳ

ⅤonⅦ

Ⅴの3度の音をルート音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

ⅠonⅦ

Ⅰの7度の音をルート音にしたオンコードです。

Aメロ

|B♭ FonA|E♭ B♭ B♭onA
|Ⅰ ⅤonⅦ|Ⅳ Ⅰ ⅠonⅦ
(どうして~)

|Gm Dm7|E♭ F
→|Ⅵm Ⅲm7|Ⅳ Ⅴ
(僕も泣いて~)

|B♭ FonA|E♭ B♭ B♭onA
|Ⅰ ⅤonⅦ|Ⅳ Ⅰ ⅠonⅦ
(自分より~)

|Gm Dm7|E♭ F|B♭
→|Ⅵm Ⅲm7|Ⅳ Ⅴ Ⅰ
(つらいのが~)

ⅤonⅦ

Ⅴの3度の音をルート音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

ⅠonⅦ

Ⅰの7度の音をルート音にしたオンコードです。

Bメロ

|F7onE♭|Dm7 Gm7|E♭ Em7-5|Fsus4 F
Ⅴ7onⅣ|Ⅲm7 Ⅵm|Ⅳ Ⅳ#m7-5Ⅴsus4 Ⅴ
(ガラクタだった~~)

Ⅴ7onⅣ

Ⅴの7度の音をルート音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【音楽理論】作曲能力が向上する!オンコードの作り方と使い方

Ⅳ#m7-5

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅴsus4サスフォーコード(sus4)は、同じルートを持つメジャーコードやドミナントセブンスコードの前でよく使われます。

サビ

|B♭ E♭add9|F F#dim|Gm|Fm7 B♭7
|Ⅰ Ⅳadd9|Ⅴ Ⅴ#dim|Ⅵm|Ⅴm7 Ⅰ7
(そばにいたいよ~)

|E♭ Em7-5|F F#dim|Gm Em7-5|Fsus4 F
|Ⅳ Ⅳ#m7-5|Ⅴ Ⅴ#dim|Ⅵm7 Ⅳ#m7-5Ⅴsus4 Ⅴ
(いつも君に~)

|B♭ E♭add9|F F#dim|Gm|Fm7 B♭7
|Ⅰ Ⅳadd9|Ⅴ Ⅴ#dim|Ⅵm|Ⅴm7 Ⅰ7
(ひまわりのような~)

|E♭ D7|Gm Em7-5|E♭|E♭m F
|Ⅳ Ⅲ7|Ⅵm Ⅳ#m7-5|Ⅳ|Ⅳm Ⅴ
(これからは僕も~)

Ⅳadd9

アドナインスコードの使い方についてはコチラ↓
「アドナインス(add9)」と「ナインス(9th)」の違いと使い方

Ⅴ#dim

ディミニッシュコードをパッシングディミニッシュとして使用しています。

ディミニッシュコードについてはコチラ↓
簡単にわかる!ディミニッシュコードの使い方

Ⅴm7

ミクソリディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

Ⅰ7

ミクソリディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

Ⅳ#m7-5

リディアンスケールからのモーダル・インターチェンジコード(借用和音)です。

Ⅴsus4サスフォーコード(sus4)は、同じルートを持つメジャーコードやドミナントセブンスコードの前でよく使われます。
Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリドミナントコードです。

セカンダリドミナントについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント