音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

コード分析(The Beatles「Hey Jude」編)

この記事は約3分で読めます。

このシリーズでは名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、The Beatlesの名曲「Hey Jude」のコード分析を行います。

「Hey Jude」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • セカンダリードミナントコード
  • オンコード
  • モーダルインターチェンジコード(借用和音)

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

コード進行

【Aメロ】

|F|C|C7|F
(Hey Jude~)

|B♭|F|C|F
(Remember~)


【Bメロ】

|F7|B♭ DmonA|Gm B♭onF
(And anytime~)

|ConE C7|F
(upon your~)

|F7|B♭ DmonA|Gm B♭onF
(For well you know~)

|ConE C7|F|F7 C7
(a little~)


【Cメロ

|F|E♭|B♭|F
(Nah nah~)

コード進行分析

Aメロ

キーはFメジャーです。

|F|C|C7|F
→|Ⅰ|Ⅴ|Ⅴ7|Ⅰ
(Hey Jude~)

|B♭|F|C|F
→|Ⅳ|Ⅰ|Ⅴ|Ⅰ
(Remember~)

Bメロ

キーはFメジャーです。

|F7|B♭ DmonA|Gm B♭onF
→|Ⅰ7|Ⅳ ⅥmonⅢ|Ⅱm ⅣonⅠ
(And anytime~)

|ConE C7|F
→|ⅤonⅦ Ⅴ7|Ⅰ
(upon your~)

|F7|B♭ DmonA|Gm B♭onF
→|Ⅰ7|Ⅳ ⅥmonⅢ|Ⅱm ⅣonⅠ
(For well you know~)

|ConE C7|F|F7 C7
→|ⅤonⅦ Ⅴ7|Ⅰ|Ⅰ7 Ⅴ7
(a little~)

コード説明
Ⅰ7

Ⅳに対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方
セカンダリードミナントコード一覧

ⅥmonⅢ

Ⅵmの5度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方
オンコード一覧

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

ⅣonⅠ

Ⅳの5度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方
オンコード一覧

ⅤonⅦ

Ⅴの3度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方
オンコード一覧

Cメロ

キーはEメジャーです。

|F|E♭|B♭|F
→|Ⅰ|♭Ⅶ|Ⅳ|Ⅰ
(Nah nah~)

コード説明
♭Ⅶ

ミクソリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコードとは?使い方は?
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました