音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

名曲で学ぶコード理論(荒井由実「やさしさに包まれたなら」編)

アーティスト:荒井由実
作詞・作曲: 荒井由実

「名曲で学ぶコード理論」シリーズでは、名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、荒井由実の名曲「やさしさに包まれたなら」のコード分析を行います。


「やさしさに包まれたなら」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • モーダルインターチェンジコード
  • オンコード
  • セカンダリードミナントコード

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
【誰でも分かる!】「ダイアトニックコードの基礎」と「コード進行の作り方」

イントロ

keyはF#メジャーです。

|F#|G#m7|F#|G#m7
→|Ⅰ|Ⅱm7|Ⅰ|Ⅱm7

イントロはダイアトニックコードのみなので、特に説明することはありません。

Aメロ

|F#|G#|Fm7 A#m7|D#m7
→|Ⅰ Ⅶm7 Ⅲm7|Ⅵm7
(小さい頃は~)

|B|G#m7|G#m7onC#|G#m7onC#
→|Ⅳ|Ⅱm7|Ⅱm7onⅤⅡm7onⅤ
(不思議に夢を~)

|F#|G#|Fm7 A#m7|D#m7
→|Ⅰ Ⅶm7 Ⅲm7|Ⅵm7
(やさしい気持ちで~)

|B|G#m7|G#m7onC#|A#m7 A#7
→|Ⅳ|Ⅱm7|Ⅱm7onⅤ|Ⅲm7 Ⅲ7
(おとなになっても~)

コード説明

リディアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅶm7

リディアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Bメロ

|D#m|B|D#m|B
→|Ⅵm|Ⅳ|Ⅵm|Ⅳ
(カーテンを開いて~)

|B|G#m7|A#m7|D#m
→|Ⅳ|Ⅱm7|Ⅲm7|Ⅵm
(やさしさに包まれたなら~)

|B|G#m7|G#m7onC#|G#m7onC#
→|Ⅳ|Ⅱm7|Ⅱm7onⅤⅡm7onⅤ
(目にうつる~)

コード説明
Ⅱm7onⅤ

Ⅱm7の11thの音を最低音にしたオンコードです。

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました