音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

コード分析(でんぱ組.inc「くちづけキボンヌ」編)

このシリーズでは名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。


今回は、でんぱ組.incの名曲「くちづけキボンヌ」のコード分析を行います。

でんぱ組.inc「くちづけキボンヌ」Full size

「くちづけキボンヌ」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • モーダルインターチェンジコード
  • セカンダリードミナントコード
  • 偽終止
  • 王道進行
  • オンコード

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
ダイアトニックコードとは?コード進行の作り方

コード進行

【イントロ】

FM7|B♭M7|Dm7|B♭M7 ×2

FM7|B♭M7|Dm7|B♭M7 ×2
(くちづけキボンヌ~)


【Aメロ】

Gm7|Gm7|FM7|FM7
(時はブランニュー~)

Gm7|Gm7|FM7|FM7
(寄りそった~)


【Bメロ】

1回目

|Cm7|F7|B♭M7|B♭m7
(オレンジから~)

|Am7|Dm7|Gm7|C7
(移ろえば~)

2, 3, 4回目

|Cm7|F7|B♭M7|B♭m7
(今、手と手が~)

|Am7|Dm7|Gm7|C7
(偶然とキミは~)

FM7|D7

 


【サビ】

B♭M7|C7|Am7|Dm7
(時間切れの恋を~)

Gm7|C7|FM7|D7
(今日のキミは~)

B♭M7|C7|Am7|Dm7
(時間切れの恋を~)

Gm7|C7
(キミにこう言うの~)

1回目

|FM7|B♭M7|FM7|FM7
(くちづけキボンヌ~)

2回目

|Am7|B♭M7|C7|Dm7
(くちづけキボンヌ~)

|C7onE|FM7|B♭M7|B♭M7 FM7

3回目

FM7|B♭M7|Dm7|B♭M7 ×4
(くちづけキボンヌ~)

コード進行分析

イントロ

キーはFメジャーです。

FM7|B♭M7|Dm7|B♭M7 ×2
→|ⅠM7|ⅣM7|Ⅵm7|ⅣM7

FM7|B♭M7|Dm7|B♭M7 ×2
→|ⅠM7|ⅣM7|Ⅵm7|ⅣM7
(くちづけキボンヌ~)

Aメロ

キーはFメジャーです。

Gm7|Gm7|FM7|FM7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|ⅠM7|ⅠM7
(時はブランニュー~)

Gm7|Gm7|FM7|FM7
→|Ⅱm7|Ⅱm7|ⅠM7|ⅠM7
(寄りそった~)

Bメロ

キーはFメジャーです。

1回目

|Cm7|F7|B♭M7|B♭m7
→|Ⅴm7Ⅰ7|ⅣM7|Ⅳm7
(オレンジから~)

|Am7|Dm7|Gm7|C7
→|Ⅲm7|Ⅵm7|Ⅱm7|Ⅴ7
(移ろえば~)

2, 3, 4回目

|Cm7|F7|B♭M7|B♭m7
→|Ⅴm7Ⅰ7|ⅣM7|Ⅳm7
(今、手と手が~)

|Am7|Dm7|Gm7|C7
→|Ⅲm7|Ⅵm7|Ⅱm7|Ⅴ7
(偶然とキミは~)

FM7|D7
→|ⅠM7|Ⅵ7

コード説明
Ⅴm7

ミクソリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅰ7

ミクソリディアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅳm7

エオリアンモードからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
モーダルインターチェンジコード(借用和音)一覧

Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

 

Ⅱm7に進行しない場合は偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

サビ

B♭M7|C7|Am7|Dm7
→|ⅣM7|Ⅴ7|Ⅲm7|Ⅵm7
(時間切れの恋を~)

Gm7|C7|FM7|D7
→|Ⅱm7|Ⅴ7|ⅠM7|Ⅵ7
(今日のキミは~)

B♭M7|C7|Am7|Dm7
→|ⅣM7|Ⅴ7|Ⅲm7|Ⅵm7
(時間切れの恋を~)

Gm7|C7
→|Ⅱm7|Ⅴ7
(キミにこう言うの~)

1回目

|FM7|B♭M7|FM7|FM7
→|ⅠM7|ⅣM7|ⅠM7|ⅣM7
(くちづけキボンヌ~)

2回目

|Am7|B♭M7|C7|Dm7
→|Ⅲm7|ⅣM7|Ⅴ7|Ⅵm7
(くちづけキボンヌ~)

|C7onE|FM7|B♭M7|B♭M7 FM7
→|Ⅴ7onⅦ|ⅠM7|ⅣM7|ⅣM7 ⅠM7

3回目

FM7|B♭M7|Dm7|B♭M7 ×4
→|ⅠM7|ⅣM7|Ⅵm7|ⅣM7
(くちづけキボンヌ~)

コード説明
ⅣM7→Ⅴ7→Ⅲm7→Ⅵm7

王道進行です。

王道進行についてはコチラ↓
王道進行とは?アレンジ方法は?

Ⅵ7

Ⅱm7に対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
セカンダリードミナントコードとは?3つの使い方

 

Ⅱm7に進行しない場合は偽終止しています。

偽終止とはドミナントからトニックに行かないコード進行のことです。
偽終止によってコード進行に意外性を与えることができます。

Ⅴ7onⅦ

Ⅴ7の3度の音を最低音にしたオンコードです。

度の意味についてはコチラ↓
「音高(ピッチ)」「音程」「度数」とは?違いは?

オンコードについてはコチラ↓
オンコードとは?3つの使い方

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました