音楽理論を「学ぶ」のではなく「使う」ためのブログ

名曲で学ぶコード理論(斉藤和義「歩いて帰ろう」編)

アーティスト:斉藤和義
作詞・作曲: 斉藤和義

「名曲で学ぶコード理論」シリーズでは、名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。

今回は、斉藤和義の名曲「歩いて帰ろう」のコード分析を行います。


「歩いて帰ろう」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • セカンダリードミナントコード
  • モーダルインターチェンジコード
  • マイナーシックスコード
  • 王道進行

 

それでは分析していきましょう。

ここではダイアトニックコードを理解していることが前提です。ダイアトニックコードを知らない方は以下で勉強しましょう。
【誰でも分かる!】「ダイアトニックコードの基礎」と「コード進行の作り方」

イントロ

keyはFメジャーです。

|F|A7|Dm|B♭ C
→|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm|Ⅳ Ⅴ

コード説明
Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

Aメロ

|F|A7|Dm DmM7 Dm7 Dm6
→|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm ⅥmM7 Ⅵm7 Ⅵm6
(走る街を~)

|B♭ C
(泳いでく~)

|F|A7|Dm DmM7 Dm7 Dm6
→|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm ⅥmM7 Ⅵm7 Ⅵm6
(誰にも~)

|B♭ B♭m|F
→|Ⅳ Ⅳm|Ⅰ
(おしえて~)

コード説明
Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

ⅥmM7

Dメロディックマイナースケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダルインターチェンジコード(M.I.C)一

Ⅵm6

マイナーシックスコード(Ⅵm6)は#Ⅳm7-5の代理コードです。

マイナーシックスコードの使い方についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】シックスコード(6、m6)の使い方

#Ⅳm7-5は、Dメロディックマイナースケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダルインターチェンジコード(M.I.C)一

B♭m

Fエオリアンスケールからのモーダルインターチェンジコード(借用和音)です。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダルインターチェンジコード(M.I.C)一

Bメロ

|Gm7|C|Am7|Dm7
→|Ⅱm7|Ⅴ|Ⅲm7|Ⅵm7
(嘘でごまかして~)

|B♭|Am7|G7|C
→|Ⅳ|Ⅲm7|Ⅱ7|Ⅴ
(たのみもしないのに~)

コード説明
Ⅱm7→Ⅴ→Ⅲm7→Ⅵm7

王道進行の変形です。

王道進行についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「カノン進行」と「王道進行」の基礎とアレンジ方法

Ⅱ7

Ⅴに対するセカンダリードミナントコードです。

セカンダリードミナントコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました