名曲で学ぶ音楽理論(クリープハイプ「栞」編)

アーティスト:クリープハイプ
作詞・作曲: 尾崎世界観

今回は、クリープハイプの名曲「栞」の楽曲分析を行います。

クリープハイプ -「栞」(OFFICIAL VIDEO)


この曲は、FM802とTSUTAYAのプロジェクトである「ACCESS!」のキャンペーンソングです。

キャンペーンソングのためにこんな名曲を書くことができるのはすごいですね。


「栞」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • セカンダリドミナント
  • モーダルインターチェンジ
  • 王道進行

では、分析していきましょう。

スポンサーリンク

イントロ

keyはFメジャーです。

|F|A7|Dm C|B♭ C
|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm Ⅴ|Ⅳ Ⅴ

 

Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリドミナントです。

セカンダリドミナントについてはコチラ↓
簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

Aメロ

|F|A7|Dm C|B♭
|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm Ⅴ|Ⅳ
(途中でやめた本の中に~)

|Gm7 C|F Dm|Gm7|C
Ⅱm7 Ⅴ|Ⅰ Ⅵm|Ⅱm7 Ⅴ
(空気を読むことに忙しくて~)

|F|A7|Dm C|B♭
|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm Ⅴ|Ⅳ
(句読点がない君の嘘は~)

|Gm7 C|F Dm|Gm7|C
Ⅱm7 Ⅴ|Ⅰ Ⅵm|Ⅱm7 Ⅴ|Ⅰ
(後ろ前逆の優しさは~)

 

Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリドミナントです。

Ⅱm7→Ⅴ→Ⅰ →Ⅵm

王道進行の変形です

王道進行についてはコチラ↓
これだけ知ってれば曲は作れる!「カノン進行」と「王道進行」の基礎とアレンジ方法

Bメロ

|B♭ C|Dm|B♭ A7|Dm
|Ⅳ Ⅴ|Ⅵm|Ⅳ Ⅲ7|Ⅵm
(簡単なあらすじ~)

|B♭ C|Dm|Gm7 B♭m7|C
|Ⅳ Ⅴ|Ⅵm|Ⅱm7 Ⅳm7|Ⅴ
(途中から読んでも~)

 

Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリドミナントです。

Ⅳm7

エオリアンスケールからのモーダル・インターチェンジ(借用和音)です。

モーダル・インターチェンジについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

サビ

|F|A7|Dm|Cm7 F
|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm|Ⅴm7 Ⅰ
(桜散る桜散る~)

|B♭|F|Gm7|C
|Ⅳ|Ⅰ|Ⅱm7|Ⅴ
(嘘だよごめんね~)

|F|A7|Dm|Cm7 F
|Ⅰ|Ⅲ7|Ⅵm|Ⅴm7 Ⅰ
(桜散る桜散る~)

|B♭|F Dm|Gm7|B♭m7
|Ⅳ|Ⅰ Ⅵm|Ⅱm7|Ⅳm7
(うつむいてるくらいが~)

 

Ⅲ7

Ⅵmに対するセカンダリドミナントです。

Ⅴm7

ミクソリディアンスケールからのモーダル・インターチェンジ(借用和音)です。

Ⅳm7

エオリアンスケールからのモーダル・インターチェンジ(借用和音)です。

Cメロ

|Am|Dm|Gm7|C
|Ⅲm|Ⅵm|Ⅱm7|Ⅴ
(この気持ちもいつか~)

|Am|Dm|Gm7|C
|Ⅲm|Ⅵm|Ⅱm7|Ⅴ
(懐かしくなるから~)

ダイアトニックコードのみのコード進行です。

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント