【誰でも分かる!】ドミナントモーション

「ドミナントモーションって何?」

今回はこの疑問にお答えしましょう!

ドミナントモーションは「転調」や「セカンダリードミナントコード」で使われる大事な理論なので覚える価値はあります!

「理論はいいから使い方を知りたい!」というせっかちなあなたは、記事の後半の「ドミナントモーションの使い方」をご覧ください!

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドミナントモーションとは

ドミナントモーションは、ドミナント(Ⅴ)からトニック(Ⅰ、Ⅰm)への進行です。

ドミナントモーションの特徴は、強い解決感のある進行であることです。

この強い解決感の要因は以下の4つです。

  1. 強進行するから

    強進行
    とは、ルートが完全4度上(完全5度下)へ移動する進行です。
    強進行は解決感のある進行です。

    完全4度と完全5度の意味については、以下をご覧ください。
    簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い
  2. トライトーンが解決するから。

    トライトーンとは、増4度(減5度)の不安定な音程(全音3つ分)のことです。
    トライトーンはスケールの中の「下属音」と「導音」から形成されます。

    「下属音」や「導音」などのスケールの各音の意味については、以下をご覧ください。
    【音楽理論】スケールの各音の特徴


    Ⅴ7からⅠ(Ⅰm)に進行すると、トライトーンを形成する「下属音」と「導音」はそれぞれ「中音」と「主音」に移動し、不安定なトライトーンはなくなります。
     主音上主音中音下属音属音下中音導音
    V7の構成音  〇   
    I(Ⅰm)の構成音     
    ※Ⅰmの中音は、Ⅰの中音の半音下です。

  3. 不安定な「下属音」が、安定な「中音」に解決するから

  4. 不安定な「導音」が、安定な「主音」に解決するから

ドミナントモーションの使い方

ドミナントモーションの強い解決感を応用したのが以下のテクニックです。

転調

ドミナントモーションの強い解決感を使って、ある調から別の調に移動するテクニックです。

詳しくはコチラ↓
「転調の方法」と「転調パターン一覧」

セカンダリードミナントコード

ドミナントモーションの強い解決感を使って、コード進行中のあるコードに解決するようなドミナントコードを挿入するテクニックです。

詳しくはコチラ↓
【誰でも分かる!】「セカンダリードミナントコード」の3つの使い方

偽終止

ドミナントモーションの強い解決感を逆手にとり、あえてトニックに解決しないことでコード進行に意外性を与えるテクニックです


以上。ご覧いただきありがとうございました。

あなたへのおすすめ
あなたへのおすすめ
使うための音楽理論
スポンサーリンク
カラメルをフォローする
音楽理論はいらない!?

コメント