【音楽理論】 モードとは? モード一覧

「色々調べたけど結局モードって何なの!?」


モードってよく分からないですよね。僕もモードには悩まされました。

今回はモードに悩める子羊たちのために、なるべく分かりやすくモードを解説していきます。

最後には「モード一覧」を掲載しましたので、辞書代わりにお役立てください。

それでは見ていきましょう!

その他モードに関する記事は以下です。

スポンサーリンク

モードとは

モードとは、あるスケールから派生したスケールのことです。

特に、メジャースケールから派生するモードをチャーチモード(教会旋法)といいます。


モードには大きく以下の2種類があります。

  • レラティブモード
    スケールの構成音が同じモード
  • パラレルモード
    ルートが同じモード

レラティブモード

レラティブモードは、スケールの構成音が同じモードです。


例えば、Cメジャースケールで考えます。

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
Cメジャースケール1 2 34 56 7 


メジャースケールには7つの構成音があります。

その7つの構成音それぞれから始まるスケールがレラティブモードになります。

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
Cアイオニアン
=Cメジャースケール
1 2 34 5 6 7
Ⅾドリアン7 1 23 4 5 6
Eフリジアン6 7 12 3 4 5
Fリディアン5 6 71 2 3 4
Gミクソリディアン4 5 67 1 2 3
Aエオリアン
=Aマイナースケール
3 4 56 7 1 2
Bロクリアン2 3 45 6 7 1

これはメジャースケール派生するレラティブモードなので、レラティブチャーチモードです。


ここで、こんな疑問を持つ方がいるかもしれません。

「レラティブモードはすべて構成音が同じだけど、何が違うの?」と。


その答えはモードごとの「雰囲気」です。

スケールの構成音が同じでも、モードごとに雰囲気が違います。


そして、その雰囲気の違いは以下の2つの違いに由来しています。

  • 中心音緑色
    各モードの最初の音。この音で安定する
  • 特徴音(特性音)赤色
    各モードの特徴が出る音。特徴音がないモードもある。


それでは、この雰囲気の違いを意識しながらレラティブチャーチモードを聴いてみましょう!


  • Cアイオニアン
    C、D、E、F、G、A、B
  • Ⅾドリアン
    D、E、F、G、A、B
  • Eフリジアン
    EF、G、A、B、C、D
  • Fリディアン
    F、G、A、B、C、D、E
  • Gミクソリディアン
    G、A、B、C、D、E、F
  • Aエオリアン
    A、B、C、D、E、F、G
  • Bロクリアン
    BC、D、E、F、G、A

パラレルモード

パラレルモードは、ルート音が同じモードです

ここで、レラティブチャーチモードを一般化すると、以下のチャーチモードを得ることができます。

モードスケール構成音構成音の並び
アイオニアンスケールⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、ⅶ全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音
ドリアンスケールⅰ、ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、♭ⅶ全音、半音、全音、全音、全音、半音、全音
フリジアンスケールⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶ半音、全音、全音、全音、半音、全音、全音
リディアンスケールⅰ、ⅱ、ⅲ、#ⅳ、ⅴ、ⅵ、ⅶ全音、全音、全音、半音、全音、全音、半音
ミクソリディアンスケールⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、♭ⅶ全音、全音、半音、全音、全音、半音、全音
エオリアンスケールⅰ、ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶ全音、半音、全音、全音、半音、全音、全音
ロクリアンスケールⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、#ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶ半音、全音、全音、半音、全音、全音、全音

「全音」「半音」の意味については、以下をご覧ください。
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い


アイオニアン、ドリアン…の順で、各モードのルート(ⅰ)にメジャースケールの構成音を順番に当てはめていくと、レラティブチャーチモードになります。

一方、チャーチモードのルート(ⅰ)に同じ音を当てはめると、パラレルチャーチモードになります。

例えば、Cメジャースケールから派生するパラレルチャーチモードは以下になります。

 CD♭DE♭EFF#GA♭AB♭B
♭ⅱ♭Ⅲ#ⅳ♭ⅵ♭ⅶ
Cアイオニアン
=Cメジャースケール
1 2 34 5 6 7
Cドリアン1 23 4 5 67 
Cフリジアン12 3 4 56 7 
Cリディアン1 2 3 45 6 7
Cミクソリディアン1 2 34 5 67 
Cエオリアン1 23 4 56 7 
Cロクリアン12 3 45 6 7 


それでは、パラレルチャーチモードを聴いてみましょう!

  • Cアイオニアン:C、D、E、F、G、A、B
  • Cドリアン:C、D、E♭、F、G、A、B♭
  • Cフリジアン:C、D♭、E♭、F、G、A♭、B♭
  • Cリディアン:C、D、E、F#、G、A、B
  • Cミクソリディアン:C、D、E、F、G、A、B♭
  • Cエオリアン:C、D、E♭、F、G、A♭、B♭
  • Cロクリアン:C、D♭、E♭、F、F#、A♭、B♭


パラレルモードから作られるコードは、モーダルインターチェンジコード(借用和音)として使用できます。

モーダルインターチェンジコードについてはコチラ↓
【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(M.I.C)一覧

モード一覧

メジャースケール以外にもモードはあります。

ここでは、以下のスケールのモード一覧を掲載しました。

ブックマークして辞書代わりにお役立てください。

  • メジャースケール
  • ハーモニックマイナースケール
  • メロディックマイナースケール

メジャースケールから派生するモード(=チャーチモード)

モードスケール構成音Cのパラレルモード
アイオニアンⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、ⅶC、D、E、F、G、A、B
ドリアンⅰ、ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、♭ⅶC、D、E♭、F、G、A、B♭
フリジアンⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶC、D♭、E♭、F、G、A♭、B♭
リディアンⅰ、ⅱ、ⅲ、#ⅳ、ⅴ、ⅵ、ⅶC、D、E、F#、G、A、B
ミクソリディアンⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、♭ⅶC、D、E、F、G、A、B♭
エオリアンⅰ、ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶC、D、E♭、F、G、A♭、B♭
ロクリアンⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、#ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶC、D♭、E♭、F、F#、A♭、B♭

ハーモニックマイナースケールから派生するモード

モードスケール構成音Cのパラレルモード
ハーモニックマイナーⅰ、ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、ⅶC、D、E♭、F、G、A♭、B
ロクリアンナチュラルⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅳ#、ⅵ、♭ⅶC、D♭、E♭、F、F#、A、B♭
アイオニアン#5ⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ、♭ⅵ、ⅵ、ⅶC、D、E、F、A♭、A、B
ドリアン#4ⅰ、ⅱ、♭ⅲ、#ⅳ、ⅴ、ⅵ、♭ⅶC、D、E♭、F#、G、A、B♭
ミクソリディアン♭9, ♭13ⅰ、♭ⅱ、ⅲ、ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶC、D♭、E、F、G、A♭、B♭
リディアン#2ⅰ、♭ⅲ、ⅲ、ⅳ#、ⅴ、ⅵ、ⅶC、E♭、E、F#、G、A、B
スーパーロクリアン♭♭7ⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、ⅲ、ⅳ#、♭ⅵ、ⅵC、D♭、E♭、E、F#、A♭、A

メロディックマイナースケールから派生するモード

モードスケール構成音Cのパラレルモード
メロディックマイナーⅰ、ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、ⅶC、D、E♭、F、G、A、B
ドリアン♭2ⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅴ、ⅵ、♭ⅶC、D♭、E♭、F、G、A、B♭
リディアン#5ⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ#、♭ⅵ、ⅵ、ⅶC、D、E、F#、A♭、A、B
リディアン♭7ⅰ、ⅱ、ⅲ、#ⅳ、ⅴ、ⅵ、♭ⅶC、D、E、F#、G、A、B♭
ミクソリディアン♭13ⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳ、ⅴ、♭ⅵ、♭ⅶC、D、E、F、G、A♭、B♭
エオリアン♭5ⅰ、ⅱ、♭ⅲ、ⅳ、ⅳ#、♭ⅵ、♭ⅶC、D、E♭、F、F#、A♭、B♭
オルタードⅰ、♭ⅱ、♭ⅲ、ⅲ、ⅳ#、♭ⅵ、♭ⅶC、D♭、E♭、E、F#、A♭、B♭


以上、ご覧いただきありがとうございました。


もっとコード理論が知りたいという人は以下の本がおすすめです。
これが全部理解できたら、世の中のほとんどのコード進行は理解できます。
内容は少々難しいですが、この記事を理解できたあなたなら読めるはずです!

 

 

コメント