名曲で学ぶ音楽理論(あいみょん「マリーゴールド」編)

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

作詞・作曲: あいみょん

「名曲で学ぶ音楽理論」シリーズでは、名曲の中で音楽理論がどのように使われているかを学ぶことができます。

今回は、あいみょんの名曲「マリーゴールド」のコード分析を行います。

あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】


「マリーゴールド」では、以下の音楽理論の使い方を学ぶことができます。

  • カノン進行
  • オンコード

では、分析していきましょう。

あわせてコチラもどうぞ
名曲で学ぶ音楽理論(あいみょん「君はロックを聴かない」編)

スポンサーリンク

イントロ

keyはDメジャーです。

|D|AonC#|Bm|F#m7
→|Ⅰ|ⅤonⅦ|Ⅵm|Ⅲm7

|G DonF#|G A
→|Ⅳ ⅠonⅢ|Ⅳ Ⅴ

コード進行はカノン進行の変形になっています。
※カノン進行:|Ⅰ|Ⅴ|Ⅵm|Ⅲm|Ⅳ|Ⅰ|Ⅳ|Ⅴ

カノン進行についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「カノン進行」と「王道進行」の基礎とアレンジ方法

 

コード説明
ⅤonⅦ

Ⅳの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードにすることで、ベース音を滑らかに進行させています。

度の意味についてはコチラ↓
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードにすることで、ベース音を滑らかに進行させています。

度の意味についてはコチラ↓
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Aメロ

|D|AonC#|Bm|A
→|Ⅰ|ⅤonⅦ|Ⅵm|Ⅴ
(風の強さが~)

|G|DonF#|G|A
→|Ⅳ|ⅠonⅢ|Ⅳ|Ⅴ
(真面目に見つめた)

ここでもコード進行はカノン進行の変形になっています。
カノン進行のⅢmはⅠの代理和音です。

カノン進行についてはコチラ↓
【誰でも分かる!】「カノン進行」と「王道進行」の基礎とアレンジ方法

 

コード説明
ⅤonⅦ

Ⅳの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードにすることで、ベース音を滑らかに進行させています。

度の意味についてはコチラ↓
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードにすることで、ベース音を滑らかに進行させています。

度の意味についてはコチラ↓
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Bメロ

|Bm|F#m7|G|A
→|Ⅵm|Ⅲm7|Ⅳ|Ⅴ
(目の前でずっと~)

ダイアトニックコードを使用したコード進行です。


あえて言えば|Ⅰ|Ⅰ|Ⅳ|Ⅴ|という進行を、Ⅰの代理和音であるⅥmとⅢmに置き換えたコード進行です。

サビ

|D|AonC#|Bm|A
→|Ⅰ|ⅤonⅦ|Ⅵm|Ⅴ
(麦わらの帽子の~)

|G|DonF# Bm|G A
→|Ⅳ|ⅠonⅢ Ⅵm|Ⅳ Ⅴ
(あれは空がまだ~)


Aメロとほぼ同じです。

コード説明
ⅤonⅦ

Ⅳの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードにすることで、ベース音を滑らかに進行させています。

度の意味についてはコチラ↓
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

ⅠonⅢ

Ⅰの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードにすることで、ベース音を滑らかに進行させています。

度の意味についてはコチラ↓
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

Cメロ

|Bm|AonC#|D|A ×2
→|Ⅵm|ⅤonⅦ|Ⅰ|Ⅴ ×2
(遥か遠い場所に~)

コード説明
ⅤonⅦ

Ⅳの3度の音を最低音にしたオンコードです。

オンコードにすることで、ベース音を滑らかに進行させています。

度の意味についてはコチラ↓
簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い

オンコードについてはコチラ↓
【誰でも分かる!】オンコードの「作り方」と「3つの使い方」

間奏

|D|G|A|Bm
→|Ⅰ|Ⅳ|Ⅴ|Ⅵm

|G|A|A
→|Ⅳ|Ⅴ|Ⅴ


ダイアトニックコードを使用したコード進行です。


あえて言えば|Ⅰ|Ⅳ|Ⅴ|Ⅰ|Ⅳ|Ⅴ|Ⅴという進行を、Ⅰの代理和音であるⅥmに置き換えたコード進行です。


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント