簡単にわかる!ドミナントモーションとセカンダリードミナント

「セカンダリードミナントってどうやって使うの?」

「ドッペルドミナントとダブルドミナントって何?」

 

こういった疑問は今日でおさらばです。

 

特にセカンダリードミナントはたくさんの曲で使用されてるので、ぜひともその使い方を覚えてほしいです。

 

この記事を読めば以下のテクニックを学ぶことができます。

  • ドミナントモーション
  • 偽終止
  • セカンダリードミナント
  • ドッペルドミナント(ダブルドミナント)

 

それでは見ていきましょう!

スポンサーリンク

ドミナントモーション

ドミナントモーションとは

ドミナントモーションは、ドミナント(Ⅴ)からトニック(Ⅰ、Ⅰm)への進行です。

ドミナントモーションの特徴は、強い解決感のある進行であることです。

この強い解決感の要因は以下の4つです。

  1. 強進行するから

    強進行
    とは、ルートが完全4度上(完全5度下)へ移動する進行です。
    強進行は解決感のある進行です。

    完全4度と完全5度の意味については、以下をご覧ください。
    簡単にわかる!「音高」「音程」「度数」の違い
  2. トライトーンが解決するから。

    トライトーンとは、増4度(減5度)の不安定な音程(全音3つ分)のことです。
    トライトーンはスケールの中の「下属音」と「導音」から形成されます。

    「下属音」や「導音」などのスケールの各音の意味については、以下をご覧ください。
    【音楽理論】スケールの各音の特徴


    Ⅴ7からⅠ(Ⅰm)に進行すると、トライトーンを形成する「下属音」と「導音」はそれぞれ「中音」と「主音」に移動し、不安定なトライトーンはなくなります。
     主音上主音中音下属音属音下中音導音
    V7の構成音  〇   
    I(Ⅰm)の構成音     
    ※Ⅰmの中音は、Ⅰの中音の半音下です。

  3. 不安定な「下属音」が、安定な「中音」に解決するから

  4. 不安定な「導音」が、安定な「主音」に解決するから

ドミナントモーションを使ったテクニック

ドミナントモーションの強い解決力を応用したのが以下のテクニックです。

  • セカンダリードミナント
    この記事の後半で紹介しています

  • 偽終止
    ドミナントモーションの強い解決感を逆手にとり、あえてトニックに解決しないことでコード進行に意外性を与えるテクニックです

  • 転調
    ドミナントモーションの強い解決感を使って他の調に転調することができます。

    詳細な転調の方法についてはコチラ↓
    転調の方法と転調パターン一覧

 

セカンダリードミナント

セカンダリードミナントとは

セカンダリードミナントとは、Ⅰ以外のダイアトニックコードに対してドミナントモーションをするドミナントコードです。

ドミナントモーションの強い解決力により、セカンダリードミナントコードはコード進行の中で自然に聴こえます。

【メジャースケールで使えるドミナントコード一覧】

Ⅱm7Ⅲm7ⅣM7V7Ⅵm7Ⅶm7-5
V7Ⅵ7Ⅶ7Ⅰ7Ⅱ7Ⅲ7Ⅳ#7

緑色橙色のドミナントコードがセカンダリードミナントです。

Ⅳ#7はルートがスケールの音高にないのでセカンダリードミナントとして使用できません。

特に橙色の本来のドミナント(Ⅴ7)に対するドミナントコードをドッペルドミナント(ダブルドミナント)といいます。

セカンダリドミナントの使い方

使い方①:コード進行にセカンダリードミナントを挿入する

次のコード進行を見てみましょう

|C|Am|Dm|G7
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅱm|Ⅴ7

 

G7に対するセカンダリードミナントであるD7を挿入すると、以下のコード進行になります。

|C|Am|D7|G7
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅴ7

 

使い方②:コード進行に連続でセカンダリードミナントを挿入する

先ほどのコード進行を見てみましょう

|C|Am|D7|G7
→|Ⅰ|Ⅵm|Ⅱ7|Ⅴ7

 

D7に対するセカンダリードミナントであるA7を挿入すると、以下のコード進行になります。

|C|A7|D7|G7
→|Ⅰ|Ⅵ7|Ⅱ7|Ⅴ7

 

使い方③:コード進行にツーファイブとしてセカンダリードミナントを挿入する

次のコード進行を見てみましょう

|C|C|F|F
→|Ⅰ|Ⅰ|Ⅳ|Ⅳ

 

最初のFに対するツーファイブ(Gm-C7)を挿入すると、以下のコード進行になります。

|C|Gm C7|F|F
→|Ⅰ|Ⅴm7 Ⅰ7|Ⅳ|Ⅳ

 


以上。ご覧いただきありがとうございました。

 

【おすすめの参考書】
もっとコード理論が知りたいという人は以下の本がおすすめです。
これが全部理解できたら、世の中のほとんどのコード進行は理解できます。
内容は少々難しいですが、この記事を理解できたあなたなら読めるはずです!

コメント