【作曲法】どれがいい?コード先、メロ先、歌詞先

3つの作曲方法(コード先、メロ先、歌詞先)の方法、メリット・デメリットを紹介します。

 

まず作曲の定義をします。

ここでは、作曲は「歌メロを作ること」とします。

ちなみに、作曲以外のミックスまでの作業を「アレンジ(編曲)」とします。

 

作曲の仕方として主に3つの方法があります。

  1. コード先
    コード進行を先に作り、歌メロを乗せる作曲法
  2. メロ先
    歌メロを先に作る作曲法
  3. 歌詞先
    歌詞を先に作り、歌メロを乗せる作曲法

他にもトラック(空オケ)を先に作りメロディを乗せる作曲法がありますが、結局これは1の発展形です。

 

また、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」では、「振り先」なるものがでてきました。

振り付けを先に作るというものです。最初観たときは笑いましたが、アイデアの発想方法とし

は面白いかもしれません。

スポンサーリンク

コード先

僕のまわりはコード先が多い。

方法

「コード理論」や「自分の聴覚」に従ってコードを組み立てる。そして鼻歌や楽器を使ってメロディを乗せる。

メリット

  • 理論を勉強すればするほど曲のクオリティが上がる
  • 高度なコード進行の曲にしやすい

デメリット

  • 鼻歌で作曲する場合は、メロディがコードトーンにつられて、ありきたりなメロディになりやすい
  • 手癖のコード進行ばかりになってしまいがち

メロ先

個人的にはメロ先の方が良い曲ができる気がする。

方法

鼻歌や楽器を使って思うままにメロディを作る。

メリット

  • コード進行に縛られず自由にメロディを作ることができる
  • どこでも作曲できる

デメリット

  • 今まで聞いてきた曲のコード進行を無意識にたどったメロディとなり、安直なコード進行になりやすい
  • oからアイデア生み出す力が求められる

歌詞先

現在ではマイナーな作曲方法。

方法

歌詞を作り、文字数に合わせてメロディを乗せていく

メリット

  • 歌詞が先にありイメージがわきやすい
  • 制約があると逆にアイデアが生まれやすかったりする

デメリット

  • 歌詞を作るのが大変
  • 途中でメロディこう展開したいと思ってもできない

 

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント