【音楽理論】モーダル・インターチェンジコード(借用和音)一覧

モーダル・インターチェンジコード(借用和音)の一覧表を掲載します。

ブックマークして「楽曲分析」や「作曲・編曲」にお役立てください。

モーダル・インターチェンジとは、パラレルモードから和音を借りることです。

簡単にいうとパラレルモードとは、ルートが同じモードのことです。

パラレルモードについてはコチラ↓
【音楽理論】モードとは?モード一覧

 

転調とモーダル・インターチェンジの違いはコチラ↓
【考察】「転調」と「モーダルインターチェンジ」は違うの?

転調についてはコチラ↓
転調の方法と転調パターン一覧


モーダルインターチェンジで借りてきた和音をモーダル・インターチェンジコードModal Interchange Chord: M.I.C、借用和音)といいます。

モーダルインターチェンジコードの使い方はコチラ↓
実例で学ぶ!モーダル・インターチェンジコードの使い方


ここでは簡単のため、ルートがCのモーダル・インターチェンジコードを掲載します。

( )内にはモーダル・インターチェンジコードのディグリーネームを書きました。

スポンサーリンク

メジャースケールのモード(チャーチモード)からのモーダル・インターチェンジコード

モードモーダル・インターチェンジコード
Cアイオニアン
=Cメジャー
CM7
(ⅠM7)
Dm7
(Ⅱm7)
Em7
(Ⅲm7)
FM7
(ⅣM7)
G7
(Ⅴ7)
Am7
(Ⅵm7)
Bm7-5
(Ⅶm7-5)
CドリアンCm7
(Ⅰm7)
Dm7
(Ⅱm7)
E♭M7
(Ⅲ♭M7)
F7
(Ⅳ7)
Gm7
(Ⅴm7)
Am7-5
(Ⅵm7-5)
B♭M7
(Ⅶ♭M7)
CフリジアンCm7
(Ⅰm7)
D♭M7
(Ⅱ♭M7)
E♭7
(Ⅲ♭M7)
Fm7
(Ⅳm7)
Gm7-5
(Ⅴm7-5)
A♭M7
(Ⅵ♭M7)
B♭m7
(Ⅶ♭m7)
CリディアンCM7
(ⅠM7)
D7
(Ⅱ7)
Em7
(Ⅲm7)
F#m7-5
(Ⅳ#m7-5)
GM7
(ⅤM7)
Am7
(Ⅵm7)
Bm7
(Ⅶm7)
CミクソリディアンC7
(Ⅰ7)
Dm7
(Ⅱm7)
Em7-5
(Ⅲm7-5)
FM7
(ⅣM7)
Gm7
(Ⅴm7)
Am7
(Ⅵm7)
B♭M7
(Ⅶ♭M7)
Cエオリアン
=Cマイナー
Cm7
(Ⅰm7)
Dm7-5
(Ⅱm7-5)
E♭M7
(Ⅲ♭M7)
Fm7
(Ⅳm7)
Gm7
(Ⅴm7)
A♭M7
(Ⅵ♭M7)
B♭7
(Ⅶ♭7)
CロクリアンCm7-5
(Ⅰm7-5)
D♭M7
(Ⅱ♭M7)
E♭m7
(Ⅲ♭m7)
Fm7
(Ⅳm7)
G♭M7
(Ⅴ♭M7)
A♭7
(Ⅵ♭7)
B♭m7
(Ⅶ♭m7)

□M7:メジャーセブンス
□m7:マイナーセブンス
□7:セブンス
□m7-5(□m7♭5):マイナーセブンスマイナスファイブ(マイナーセブンスシャープファイブ)、ハーフディミニッシュ

ハーモニックマイナースケールのモードからのモーダル・インターチェンジコード

モードモーダル・インターチェンジコード
CハーモニックマイナーCmM7
(ⅠmM7)
Dm7-5
(Ⅱm7-5)
E♭M7+5
(Ⅲ♭M7+5)
Fm7
(Ⅳm7)
G7
(Ⅴ7)
A♭M7
(Ⅵ♭M7)
Bdim7
(Ⅶ7dim7)
Cロクリアン
ナチュラル
Cm7-5
(Ⅰm7-5)
D♭M7+5
(Ⅱ♭M7+5)
E♭m7
(Ⅲ♭m7)
F7
(Ⅳ7)
F#M7
(Ⅳ#M7)
Adim7
(Ⅵdim7)
B♭mM7
(Ⅶ♭mM7)
Cアイオニアン#5CM7+5
(ⅠM7+5)
Dm7
(Ⅱm7)
E7
(Ⅲ7)
FM7
(ⅣM7)
A♭dim7
(Ⅵ♭dim7)
AmM7
(ⅥmM7)
Bm7-5
(Ⅶ7-5)
Cドリアン#4Cm7
(Ⅰm7)
D7
(Ⅱ7)
E♭M7
(Ⅲ♭M7)
F#dim7
(Ⅳ#dim7)
GmM7
(ⅤmM7)
Am7-5
(Ⅵm7-5)
B♭M7+5
(Ⅶ♭M7+5)
Cミクソリディアン♭9, ♭13C7
(Ⅰ7)
D♭M7
(Ⅱ♭M7)
Edim7
(Ⅲdim7)
FmM7
(ⅣmM7)
Gm7-5
(Ⅴm7-5)
A♭M7+5
(Ⅵ♭M7+5)
B♭m7
(Ⅶ♭m7)
Cリディアン#2CM7
(ⅠM7)
E♭dim7
(Ⅲ♭dim7)
EmM7
(ⅢmM7)
F#m7-5
(Ⅳ#m7-5)
GM7+5
(ⅤM7+5)
Am7
(Ⅵm7)
B7
(Ⅶ7)
Cスーパーロクリアン♭♭7Cdim7
(Ⅰdim7)
D♭mM7
(Ⅱ♭mM7)
E♭m7-5
(Ⅲ♭m7-5)
EM7+5
(ⅣM7+5)
F#m7
(Ⅳ#m7)
A♭7
(Ⅵ♭7)
AM7
(ⅥM7)

□mM7:マイナーメジャーセブンス
□m7-5(□m7♭5):マイナーセブンスマイナスファイブ(マイナーセブンスシャープファイブ)、ハーフディミニッシュ
□m7+5(□m7#5):マイナーセブンスプラスファイブ(マイナーセブンスシャープファイブ)
□m7:マイナーセブンス
□7:セブンス
□dim7:ディミニッシュセブンス

メロディックマイナースケールのモードからのモーダル・インターチェンジコード

モードモーダル・インターチェンジコード
CメロディックマイナーCmM7
(ⅠmM7)
Dm7
(Ⅱm7)
E♭M7+5
(Ⅲ♭M7+5)
F7
(Ⅳ7)
G7
(Ⅴ7)
Am7-5
(Ⅵm7-5)
Bm7-5
(Ⅶ7-5)
Cドリアン♭2Cm7
(Ⅰm7)
D♭M7+5
(Ⅱ♭M7+5)
E♭7
(Ⅲ♭7)
F7
(Ⅳ7)
Gm7-5
(Ⅴm7-5)
Am7-5
(Ⅵm7-5)
B♭mM7
(Ⅶ♭mM7)
Cリディアン#5CM7+5
(ⅠM7+5)
D7
(Ⅱ7)
E7
(Ⅲ7)
F#m7-5
(Ⅳ#m7-5)
A♭m7-5
(Ⅵ♭m7-5)
AmM7
(ⅥmM7)
Bm7
(Ⅶm7)
Cリディアン♭7C7
(Ⅰ7)
D7
(Ⅱ7)
Em7-5
(Ⅲm7-5)
F#m7-5
(Ⅳ#m7-5)
GmM7
(ⅤmM7)
Am7
(Ⅵm7)
B♭M7+5
(Ⅶ♭M7+5)
Cミクソリディアン♭13C7
(Ⅰ7)
Dm7-5
(Ⅱm7-5)
Em7-5
(Ⅲm7-5)
FmM7
(ⅣmM7)
Gm7
(Ⅴm7)
A♭M7+5
(Ⅵ♭M7+5)
B♭7
(Ⅶ♭7)
Cエオリアン♭5Cm7-5
(Ⅰm7-5)
Dm7-5
(Ⅱm7-5)
E♭mM7
(Ⅲ♭mM7)
Fm7
(Ⅳm7)
F#M7+5
(Ⅳ#M7+5)
A♭7
(Ⅵ♭7)
B♭7
(Ⅶ♭7)
CオルタードCm7-5
(Ⅰm7-5)
D♭mM7
(Ⅱ♭mM7)
E♭m7
(Ⅲ♭m7)
EM7+5
(ⅢM7+5)
F#7
(Ⅳ#7)
A♭7
(Ⅵ♭7)
B♭m7-5
(Ⅶ♭m7-5)

□mM7:マイナーメジャーセブンス
□m7:マイナーセブンス
□m7+5(□m7#5):マイナーセブンスプラスファイブ(マイナーセブンスシャープファイブ)
□7:セブンス
□m7-5(□m7♭5):マイナーセブンスマイナスファイブ(マイナーセブンスシャープファイブ)、ハーフディミニッシュ

モーダル・インターチェンジを使用した名曲

ここで紹介したモーダルインターチェンジが実際に名曲の中でどのように使用されているかを以下で紹介しています。参考にしてください。

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。


もっとコード理論が知りたいという人は以下の本がおすすめです。
これが全部理解できたら、世の中のほとんどのコード進行は理解できます。
内容は少々難しいですが、この記事を理解できたあなたなら読めるはずです!

 

 

 

 

 

コメント