【音楽理論】スケールの各音の特徴

メジャースケールの各音には、以下のような名前があります。

 主音上主音中音下属音属音下中音導音
Cメジャースケールの場合CDEFGAB

 

そしてメジャースケールの各音には、以下のような特徴があります。

 

  • 安定な音緑色の音:主音、中音、属音)
    他の音はこの音に進行しやすいです。

    安定の度合いは、以下の順番になります。

    主音>属音>中音

 

  • やや不安定な音(黄色の音:上主音、下中音)
    • 上主音
      「全音下の主音」や「全音上の中音」に進行しやすいです。

      主音は最も安定な音なので、進行しやすさは以下のようになります。

      全音下の主音>全音上の中音

    • 下中音
      「全音下の属音」や「全音上の導音」に進行しやすいです。

      属音は2番目に安定な音なので、進行しやすさは以下のようになります。

      全音下の属音>全音上の導音

 

  • 不安定な音(ピンク色の音:下属音、導音)
    • 下属音
      「半音下の中音」や「全音上の属音」に進行しやすい。

      属音は中音よりも安定な音です。
      しかし半音の進行は強い解決感があるので、進行しやすさは以下のようになります。

      半音下の中音>全音上の属音

    • 導音
      「半音上の主音」に進行しやすいです。

      主音は最も安定な音です。さらに半音の進行は強い解決感があるので、導音から主音への進行は非常に強い解決感があります。

 


以上、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント