名曲で学ぶ音楽理論(Original Love「月の裏で会いましょう」編)

アーティスト:Original Love
作曲:田島貴男
作詞:木原龍太郎

スポンサーリンク

名曲で転調テクニックを学ぶ

Original Loveの名曲「月の裏で会いましょう」で使われている転調テクニックを4つ紹介します.

ここでは,以下のサビの前半部分のコード進行のみを使用します.keyはCメジャーです.

CM7/C7/FM7/Fm7/Em7/Am7/Dm7/FM7onG
(ⅠM7/Ⅰ7/ⅣM7/Ⅳm7/Ⅲm7/Ⅵm7/Ⅱm7/ⅣM7onⅤ)

転調テクニック①:下属調への転調

下属調とは,ある調の構成音を完全4度上(完全5度下)に平行移動した調です.下属調への転調は簡単に行うことができます.その理由は,下属調へ転調しても構成音が1つしか変わらないからです.

CM7/C7でCメジャーからFメジャー(Cメジャーの下属調)へ転調しています.ちなみに,C7はFメジャーのダイアトニックコード(Ⅴ7)です.

CメジャーとFメジャーの構成音を比較してみましょう.

 P1M2M3P4P5M6M7
CメジャーCDEFGAB
FメジャーA#CDE

このように,下属調へ転調しても構成音が1つしか変わらないことが分かります.そのため,違和感なく転調することができます.

転調テクニック②: 属調への転調

属調とは,ある調の構成音を完全5度上(完全4度下)に平行移動した調です.属調への転調も簡単に行うことができます.その理由は,属調へ転調しても構成音が1つしか変わらないからです.

C7/FM7でFメジャーからCメジャー(Fメジャーの属調)へ転調しています.ここでは下属調(完全4度上)へ転調したあと,属調(完全4度下)へ転調しているので元の調(Cメジャー)に戻っています.

下属調(完全4度上)へ転調しても構成音が1つしか変わらないことを説明しました.逆に,属調(完全4度下)へ転調した場合も同様に構成音は1つしか変わりません.そのため,違和感なく転調することができます.

転調テクニック③: 同主調への転調

同主調とは,ルートが共通するメジャーキーとマイナーキーのことです.同主調への転調も簡単に行うことができます.その理由は2つあります.
①同主調へ転調したときに構成音の変化が3つと比較的少ないから
②調のルートが同じであるため雰囲気が似ているから

FM7/Fm7でCメジャーからCマイナー(Cメジャーの同主調)へ転調しています.ちなみに,Fm7はCマイナーのダイアトニックコード(Ⅳm7)です.

まず①について説明します.

CメジャーとCマイナーの構成音を比較してみましょう.

CメジャーCDEFGAB
FマイナーDE♭A♭B♭

このように,同主調へ転調しても構成音の変化が3つなので,比較的に違和感なく転調することができます.

次に②について説明します.雰囲気が似ているということはどういうことでしょうか.

ここで一度,CメジャーとAマイナーの関係を考えてみましょう.

CメジャーとAマイナー(Cメジャーの平行調)は構成音が同じです.構成音が同じなので,それらから作られるダイアトニックコードも同じです.

にもかかわらず,CメジャーとAマイナーのコード進行の雰囲気は異なります.前者は明るく,後者は暗いです.

では,CメジャーとAマイナーの何が違うのか.それはルートです.ルートが違うと,同じダイアトニックコードでもその機能が異なります.これが雰囲気の違いをもたらします.

ということはルートが同じであれば,コード進行の雰囲気は似るということになります.そのため,ルートが同じである同主調への転調は違和感が少ないのです.

転調テクニック④: ピボットコードを使った転調

ピボットコードとは,2つの調で共通するダイアトニックコードのことです.そのため,転調する際の橋渡しとして使うことができます.

C7/FM7でFメジャーからCメジャー(Fメジャーの属調)へ転調していますが,ここでピボットコードが使用されています.

Fメジャー(転調前)とCメジャー(転調後)のダイアトニックコードを見てみましょう.

 ⅠM7Ⅱm7Ⅲm7ⅣM7Ⅴ7Ⅵm7Ⅶm7-5
CメジャーCM7Dm7Em7FM7G7Am7Bm7-5
FメジャーFM7Gm7Am7A#M7C7Dm7Em7-5

FM7は転調前後のダイアトニックコードに含まれています.そのため,違和感なく転調することができます.

また,2つの調で似ているコードをピボットコードのように使うこともできます.

CM7/C7でCメジャーからFメジャー(Cメジャーの下属調)へ転調していますが,ここで2つの調で似ているコードをピボットコードのように使っています.

CM7とC7のコードの構成音を見てみましょう
・CM7の構成音:C, E, G, B
・C7の構成音:C, E, G, A#

同様にFM7/Fm7でCメジャーからCマイナー(Cメジャーの同主調)へ転調していますが,ここでも2つの調で似ているコードをピボットコードのように使っています.

FM7とFm7のコードの構成音を見てみましょう
・FM7の構成音:F, A, C, E
・Fm7の構成音:F, A♭, C, E♭

これらのように,コードの構成音が似ていることが分かります.そのため,違和感なく転調することができます.

コメント