10秒で分かる音楽理論(ダイアトニックコード・メジャーキー編)

音楽理論の初歩。

それは,ダイアトニックコード。そのダイアトニックコードを10秒で説明します!

 

10

 

ダイアトニックコードは,あるキーで使用可能なコードのことです。

 

9

 

キーが分かれば使用可能なコードが分かるので,「耳コピ」や「作曲」が楽になります。

 

8

 

ダイアトニックコードは,あるキーのスケールの構成音を1個おきに並べて作られます。

 

7

 

Cメジャースケール(ド,レ,ミ,ファ,ソ,ラ,シ)で考えてみましょう!

※Cメジャースケール:Cメジャーキーのスケール

 

6

 

Cメジャースケールの構成音は7個あります.

そのそれぞれをスタート地点①として,そこからスケールの構成音を1個おきに並べると7種類のコードが出来上がります.

ド(C)レ(D)ミ(E)ファ(F)ソ(G)ラ(A)シ(B)コード
   CM7
    Dm7
    Em7
    FM7
    G7
    Am7
    Bm7-5

 

5

 

これらのコードには以下のような機能があります.

CM7Dm7Em7FM7G7Am7Bm7-5
トニックサブドミナントトニックサブドミナントドミナントトニックドミナント


青色のコードはスリーコードといって基本的なコードです。

その他のコードは代理コードといって、同じ機能を持つスリーコードの代わりに使用することができます。

 

4

 

これらの機能は以下のようなイメージを持っています.

 

・トニック:安定
例)「ドラえもんがいつでも助けてくれる!

・サブドミナント:不安 
例)「ええっ!ドラえもんが未来に帰るって!?

・ドミナント:クライマックス 
例)「僕だけの力で君に勝てないと、ドラえもんが、安心して未来に帰れないんだ!

 

3

 

コードの機能を使ってストーリーを考えると,コード進行を組み立てることができます

 

例えば
①Dm7(サブドミナント)
ええっ!ドラえもんが未来に帰るって!?
②G7(ドミナント)
「ぼくだけの力で君に勝てないと、ドラえもんが、安心して未来に帰れないんだ!
③C(トニック)
勝ったんだよ.ぼくひとりで.もう安心して帰れるだろ.ドラえもん.

 

2

 

メジャースケールのダイアトニックコードを一般化すると以下のようになります.

ⅠM7Ⅱm7Ⅲm7ⅣM7Ⅴ7Ⅵm7Ⅶm7-5
トニックサブドミナントトニックサブドミナントドミナントトニックドミナント


Cメジャースケール(C,D,E,F,G,A,B)ならダイアトニックコードは以下になり、

CM7Dm7Em7FM7G7Am7Bm7-5
トニックサブドミナントトニックサブドミナントドミナントトニックドミナント


Gメジャースケール(G,A,B,C,D,E,F#)ならダイアトニックコードは以下になります

GM7Am7Bm7CM7D7Em7F#m7-5
トニックサブドミナントトニックサブドミナントドミナントトニックドミナント


これで,どのメジャーキーでもコード進行を作ることができます.

 

1

 

以上,10秒でメジャーキーのダイアトニックコードを説明しました.ちょっと無理があったかな?

 

0

 

もう少し詳しくダイアトニックコードを知りたいという方には、以下の本がおすすめです。

とても簡単な文章なので楽に読むことができます。

コメント